太刀 頼次(古青江)
(よりつぐ)


Tachi:Yoritsugu



古刀・備中 鎌倉中期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:73.9(二尺四寸四分弱) 反り:2.9 元幅:2.98
先幅:1.66 元重ね:0.70 先重ね:0.35 穴3




鎬造り、鎬高く庵棟低い。 鍛え、小板目に板目交じり、総体的に流れて強く肌立ち、地沸厚く付き、地斑映り鮮明に立ち、地鉄概ね良好。 刃文、細直刃湾れ調で、刃縁匂い勝ちに小沸付き、所々ほつれ交じり、刃中小足、葉入る。 帽子、直調で先小丸に返る。 茎尻僅かに磨り上げ(区は生ぶ)、先刃上がり栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せ太刀ハバキ。 時代研磨(切っ先に刃こぼれ等有り)。 白鞘入り。  



【コメント】
 古くから製鉄が盛んであった備中国で、大いに栄えたのが青江派で、平安末期の承安(一一七一~七五年)頃の安次を祖とし、以後室町期に至るまで多くの名工を輩出していますが、鎌倉中期頃までの作を『古青江』、それ以降南北朝末期までの作を『青江』と大別します。
 『古青江』鍛冶では、後鳥羽院番鍛冶である貞次、恒次、次家を始めとして、守次、為次、為則、頼次、俊次、真次、助次、包次、『青江』鍛冶では、次直、次吉、吉次、直次らが代表工として挙げられ、そのほとんどが『次』の一字を通字としています。
 本作は古青江頼次の貴重な在銘太刀、頼次は、国宝名物『狐ヶ崎(きつねがさき)』などの作者として有名な為次の孫、為則の子に当たります。
 その活躍期は鎌倉中期の弘長(一二六一~六四年)頃とされますが、現存作はまず見ません。
本作は寸法二尺四寸四分弱、反り高い優美な太刀姿を未だ留めており、茎尻は二寸程磨り上げていますが、区は生ぶです。
 茎佩裏、目釘穴の下に力強い鏨運びの大振りな銘があり、鑢目は大筋違いとなるなど、古青江鍛冶掟通りの茎仕立て、銘振りを示しています。
 古青江鍛冶は、太刀であっても本作のように佩裏、つまりは刀銘に切るのを通例としますが、中には守次のように常に太刀銘に切る場合もあり、包次などにもまま見られます。その他にも太刀の刀銘では、豊後行平が有名ですが、極々稀に長船兼光、古三原正廣などにも見られます。
 本作は小板目に板目交じり、総体的に流れて強く肌立つ地鉄は、断続的な地斑映り鮮明に立ち、細直刃湾れ調の刃文は、刃縁匂い勝ちに小沸付き、所々ほつれ交じり、刃中小足、葉入るなど、古青江らしい出来映えです。
 総体的な研ぎ減り、地荒れもありますが、鎌倉中期に於ける古青江頼次の貴重な在銘太刀、本誌初掲載です。 














【売約済】商品番号:N-477 太刀 頼次(古青江) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年4月号
(3
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ