薙刀 尻懸(生ぶ無銘)
(しっかけ)


Naginata:Shikkake



古刀・大和 鎌倉末期~南北朝初期
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:49.4(一尺六寸三分) 反り:1.7 元幅:3.47
元重ね:0.94 先重ね:0.44 穴1




薙刀造り、鎬高く三つ棟低め。 表裏共に薙刀樋と添え樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、小板目に大板目、大杢目、波状の流れ肌交じり、地沸微塵に厚く付き、地景を配し、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で、刃縁小沸付いて匂い深く、刃中繊細な金筋、砂流し僅かに掛かる。 帽子、直調で沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢不明。 銅ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 尻懸一派は、鎌倉後期の則長を事実上の祖として、同銘が数代続き、門人として則永、則直、則国、則真、則貞などがおり、室町期に掛けて繁栄しました。
 その作風は、大和物一般に共通する特色を見せますが、刃中に連れた小互の目を目立って交える点に大きな見所があります。
 本作は生ぶ無銘ながら尻懸と極められた薙刀、寸法一尺六寸三分、身幅、重ねはガシッとしながらも、いわゆる南北朝薙刀の如く、切っ先が強く張って、先反り深い長大なスタイルではありません。
 探山先生鞘書きにもあるように、こういった形状の薙刀は、鎌倉末期から南北朝初期頃まで見られるもので、寸法も一尺七寸を超えないものが大半です。
 鎌倉薙刀では、国宝の『備前国長船住人長光造』、重要文化財の『備州長船住景光 元亨二年八月日(一三二二)』と銘のある作などが有名ですが、これらは本作と同様の姿、寸法を示しています。
 本作は小互の目がそれ程目立たない穏やかな直湾れ調で、小板目に大板目、大杢目、波状の流れ肌を交えてうねるように肌立つ地鉄は、地景をふんだんに配しています。
 地刃に少し鍛えがありますが、鞘書きにも『和州尻懸則長』とし、『同派及び同工の特色を示した味わい深い作であり、南北朝初期の暦応(一三三八~四二)頃の作であろう。』とあるように、いわゆる鎌倉薙刀は、南北朝期の作に比べ圧倒的に数が少なく、加えて生ぶ姿を留めているとなれば、かなり珍重されます。これは確実に押さえて下さい。












【売約済】商品番号:N-479 薙刀 尻懸(生ぶ無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年3月号
(2
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ