脇差し 無銘

Wakizashi:Mumei



新刀 江戸前期 拵え付き
探山先生鞘書き有り



刃長:53.0(一尺七寸五分弱) 反り:1.0 元幅:2.99
先幅:2.35 元重ね:0.67 先重ね:0.47 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 鍛え、板目に杢目交じり、所々流れ心に肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、総体的にやや角張った互の目を主体に、箱刃、尖り風の刃を交え、刃縁良く沸付き、刃中金筋、砂流し掛かって、一部沸裂け、沸崩れ状となる。 帽子、湾れ込んで先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先片剣形、鑢筋違い。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
上脇差拵え(幕末期 全長78.5 鞘 黒石目に唐草模様 こじり、鉄地鍬形無文 栗型、鉄地しとどめ有 責め金具、鉄地菊花図 鯉口、黒の呂塗り 下げ緒黒 柄 黒に茶細糸巻き漆塗り 縁頭、鉄地無文 筒金、銀研磨地、中央に銀地容彫金色絵五三桐の図 鍔 素銅地長葵形、鋤出し彫、土人の狩りの図 銀覆輪)付き。  



【コメント】
 本作は生ぶ無銘、寸法一尺七寸五分弱、反りやや浅めに付いた寛文新刀脇差し、寒山先生による、『越前国下総大掾兼正』極めの鞘書きがあり、『時代寛文頃』としています。
兼正は関兼法の後裔で、いわゆる越前関鍛冶、服部吉兵衛と言い、寛文から延宝頃に活躍、近江国彦根でも鍛刀しています。また業物鍛冶としても有名です。
 板目に杢目交じり、所々流れ心に肌立つ地鉄、総体的にやや角張った互の目を主体に、箱刃、尖り風の刃を交え、刃中金筋、砂流し掛かって、一部沸裂け、沸崩れ状となっています。鎬地に少し鍛え肌がありますが、中々真面目な作です。
 あくまで無銘ですので、今の鑑定に出した場合、『下総大掾兼正』まで極まるか分かりませんが、この出来からして越前関鍛冶で間違いないでしょう。茎尻が尖っていますので、越前兼法に入るかもしれません。鞘書きがありますので、このまま鑑定へ出すのが良いでしょう。
 幕末期の外装は、銀覆輪をあしらった素銅地葵形鐔が付くなど、とても良い雰囲気にまとめてあります。内外共に楽しめる逸品です。










【売約済】 商品番号:N-504 脇差し 無銘 拵え付き 寒山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年3月号
(2
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ