短刀 偲庖丁正宗 昭守精鍛之
(ほうちょうまさむねをしのんであきもりこれをせいたんする)
昭和五十八年五月日


Tanto:Hocho Masamune



現代・宮城



刃長:25.3(八寸三分強) 反り:なし 元幅:3.13 元重ね:0.79 穴1



平造り、丸棟低い。 護摩箸を欄間透かしにして、爪を添える。 鍛え、板目流れ心に詰み、所々肌立ち、地沸付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れに小互の目、湾れを交え、刃縁良く沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで沸付き先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢筋違い。 銀二重台付きハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 昭守は、宮城真一と言い、大正十四年、宮城県白石市出身です。栗原彦三郎昭秀門下で、父守国にも学び、師と父より一字ずつ賜り昭守と銘じました。
 戦前は昭和十八年から終戦まで鍛刀し、日本刀展覧会で金賞、陸軍軍刀展では会長賞を受賞、戦後は昭和四十五年から鍛刀を再開、備前、相州上工を狙った作を得意とします。
 本作は同工五十八歳の頃の作、茎にも刻まれているように、天下の名物『庖丁正宗』写しです。
 本歌は世に三口現存しており、全て生ぶ無銘で国宝に指定されています。姿、寸法などはどれも似ていますが、それぞれ出来、彫りが異なります。その中でもこの包丁正宗が最も烈しい出来であり、護摩箸を欄間透かしにし、爪を添えた彫りもかなり特徴的で、『庖丁正宗』写しと言えば、ほぼこの作を写したものばかりです。
 本作も寸法六寸五分強、丸棟の造り込み、身幅3.68㎝、寸法の割に身幅すこぶる広く、ズングリとした特異なスタイルは、本歌さながらに再現されています。
 互の目乱れに小互の目、湾れを交えた焼き刃は、刃縁強く、刃中金筋、砂流しが頻りに掛かるなど、覇気みなぎる出来映えです。
 宮城昭守の貴重な現存品、渾身の『庖丁正宗』写しです。








【売約済】商品番号:N-526 短刀 偲庖丁正宗 昭守精鍛之 昭和五十八年五月日

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年4月号
(3
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ