薙刀 九州肥後同田貫上野介
(きゅうしゅうひごどうたぬきこうずけのすけ)


Naginata:Kyusyu Higo Dotanuki Kouzukenosuke



古刀・肥後 安土桃山期 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:51.5(一尺七寸弱) 反り:2.5 元幅:2.81 元重ね:0.74 穴1



薙刀造り、鎬尋常三つ棟低め。 表裏薙刀樋と添え樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目肌流れ心に肌立ち、地沸厚く付き、湯走り掛かり、細かな地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で、刃縁沸付いてほつれ交じり、刃中細かな金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ(先を僅かに摘まむ)、先切り、鑢大筋違い。  銀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
城備え兵仗用薙刀拵え(慶長頃 全長231 鞘 柄 堅木薙刀柄 石突、鉄地無文 筒金、口金物、山銅地 鞘 朱塗りに黒流し文様)付き。



【コメント】
 同田貫一派は、室町最末期から幕末に掛けて、肥後熊本菊池に栄えた一派で、元来は延寿鍛冶の流れです。正国(上野介)を棟梁とし、一派には、兵部、左衛門、次兵衛、政兵衛、又八、正次、外記等々がおり、ほとんどが俗名を用いています。加藤清正に従って朝鮮出兵に参加、敵地でも盛んに鍛刀し、その斬れ味の鋭さで一躍名を挙げました。
 本作は一派の棟梁、上野介(正国)の貴重な薙刀、上野介は、小山上野介信賀と言い、左馬介と称し、初期は国勝とも名乗っており、後に加藤清正より『正』の字を賜り、正国と改めました。
 銘は『九州肥後同田貫藤原正国』、『九州肥後同田貫上野介』などと切りますが、大半は上野介銘になります。 活躍期は天正から慶長頃まで、慶長十八年に没したと云います。
 本作は一尺七寸弱、豪快な姿ではありませんが、大きな疵なく、地刃も健やかです。
 直湾れ調で、刃縁沸付き、ほつれ交じりにやや沈み勝ちとなり、刃中細かな金筋、砂流し掛かるなど、如何にも業物同田貫らしい出来映えです。
 付属の外装は、鞘の塗り等からして、当時の城備え兵仗用薙刀拵え、江戸初期作、作刀当時のオリジナルと鑑せられる大変貴重な拵えです。
 熊本城には戦備として、同田貫の刀、薙刀、槍が数百振り保管されていたと云いますので、本作もその一つでしょう。
 これまで本誌では、同田貫一派の作を百三十振り程掲載しており、種別は刀、脇差し、槍、薙刀などがありますが、ほぼ刀ばかりです。その中にあって、上野介及び正国銘の薙刀は初掲載、古い登録証は昭和二十六年の島根県登録、内外共にこれは見逃せない逸品、同田貫コレクションには必ず加えてください。


















【売約済】 商品番号:N-532 薙刀 九州肥後同田貫上野介 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年4月号
(3
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ