刀 尻懸(無銘)
(しっかけ)


Katana:Shikkake(Mumei)



古刀・大和 南北朝期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.8(二尺三寸四分弱) 反り:1.6 元幅:3.14
先幅:2.07 元重ね:0.74 先重ね:0.50 穴3




鎬造り、鎬高く庵棟低い、中切っ先。 鍛え、板目肌が刃寄り流れ心に肌立ち、地沸厚く付き、地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で刃縁良く沸付き、刃中随所に小互の目が連れ、小乱れを交え、葉、小足入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で沸付き、先僅かに掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢不明。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 尻懸一派は、鎌倉末期の則長を事実上の祖とし、門人には則永、則直、則国、則真、則貞などがいますが、門人達の作はまず見受けません。則長も室町期に掛けて同銘が数代続くものの、在銘正真作は極僅かです。
 南北朝期を下らない作を『尻懸』、室町期以降の作を『尻懸後代』と呼びます。
 作風は、鎬高く、鎬幅広く、鍛えには柾目が目立ち、刃は直刃基調でほつれが掛かるなど、大和物全般に共通する特色を見せますが、刃中に連れた小互の目を交える点に大きな見所があります。
 本作は寸法二尺三寸四分弱、鎬高く、鎬幅広く、身幅、重ねしっかりとして刀に重量感のある一振り、茎の雰囲気からして、元来はかなり大柄な太刀であったことが想像出来る南北朝期の佳品です。
 板目肌が刃寄り流れ心に肌立つ地鉄、直湾れ調の焼刃は、刃縁良く沸付き、ほつれ、細かな飛び焼き、二重刃風の沸筋掛かり、刃中随所に小互の目が連れ、葉、小足入り、金筋、砂流し掛かるなど、如何にも尻懸らしい出来です。
 地に細かな鍛え肌も僅かにありますが、寸法充分で重量感があり、特に刃の古調で多彩な働きは見所です。














商品番号:N-569 刀 尻懸(無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥950,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年7月号
(6
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ