脇差し 信国(初代)(無銘)
(のぶくに)


Wakizashi:Nobukuni(Mumei)



古刀・山城 南北朝中期 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:44.2(一尺四寸六分弱) 反り:0.8 元幅:3.01 元重ね:0.56 穴3(内1埋)



平造り、三ッ棟低い。 表は梵字に三鈷柄附き剣、裏は梵字に護摩箸有り。 鍛え、板目に大板目を交えて肌立ち、地沸厚く付き、細かな飛び焼き、湯走り交じり、地鉄良好。 刃文、湾れに互の目、小互の目を交え、刃縁沸匂い深く付いて明るく、刃中金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で先小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
上合口拵え(近代作 全長65.5 鞘 金梨地鞘、鯉口下二分刻み黒に螺鈿散らし、金高蒔絵 返り角、黒型、鯉口は金塗り、家紋の図 下げ緒茶 柄 出し鮫柄、縁頭金塗り 目貫、金梅鉢紋図)付き。



【コメント】
 京信国は、古伝書によると、了久信(了戒の子)の孫と伝えられる来一族の刀工でありながら、相州貞宗にも師事し、その作風を良く継承したことから、『貞宗三哲』にもその名を連ねています。
 活躍期は、南北朝中期の延文、貞治頃で、長谷部国重一派と同時期に当たります。
 その作風は、小板目、板目が詰んだ鍛えに、来風の直刃と、貞宗風の沸の強い乱れ刃があり、造り込みは、在銘品では寸延びで重ね薄めの大柄な平身脇差しが大半で、初代在銘確実な太刀は未だ発見されていません。
 信国一派の伝統は、その後『応永信国』と呼ばれる、源左衛門尉信国、源式部丞信国らが継承、更に分派して越後国の山村正信一派、豊前国宇佐の筑紫信国一派、新刀期には筑前信国一派へと受け継がれています。
 また同派は、代々彫り物を得意としており、素剣、梵字、鍬形、蓮台、護摩箸といった簡素なものから、櫃内に真の倶利伽羅の浮き彫りなど濃厚なものまで多種多彩ですが、初代には簡素なものが多く、濃厚な作は応永信国に多く見られます。
 本作は生ぶ無銘ながら『信国(初代)』と極められた一振り、寸法一尺四寸六分弱、三つ棟の造り込み、身幅しっかりとして重ね薄めの大柄なスタイルは、南北朝盛期の特徴を良く示した平脇差です。
 板目に大板目を交えて肌立つ地鉄は、地沸強く、細かな飛び焼き、湯走りを交えており、湾れに互の目、小互の目を交えた焼き刃は、刃縁沸匂い深く付いて明るく、刃中金筋、砂流しが掛かっています。
   地刃の出来、彫りの雰囲気は、重要文化財指定品で享保名物帳所載品の名物『斉村貞宗』を彷彿とさせるものがあります。
 ただ本歌貞宗の平脇差しは、寸法一尺二寸前後、ここまで大柄な作はありません。
 本歌よりもやや時代の下がる南北朝中期の作であることを踏まえれば、『貞宗三哲』の一人である初代信国の極めは至極妥当、正に信国の『貞宗写し』と言えるでしょう。
 得意の彫り物は、ダイナミックでありながら、大変雰囲気のある良い彫り物です。
 付属の外装は、金梨子地螺鈿散らし家紋高蒔絵鞘の合口拵え、初代信国の相州伝典型作、同工の高い技量、沸の妙味を存分にお楽しみ頂ける逸品です。












【売約済】 商品番号:N-599 脇差し 信国(初代)(無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年7月号
(6
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ