剣 大和古剣(無銘)
(やまとこけん)


Ken:Yamatokoken



古刀・大和 南北朝期 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:20.8(六寸九分弱) 反り:なし 元幅:1.80 元重ね:0.56 穴2(内1埋)



両鎬造り、鎬高い。 鍛え、小板肌良く詰み、所々柾肌が波状に流れて肌立ち、地沸厚く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、細直刃調で、ほつれ、小乱れを交え、刃縁の沸匂い深く潤み勝ち、刃中金筋掛かる。 帽子、直調で沸付き、先掃き掛け焼き詰める。 茎生ぶ、先栗尻、鑢不明。 銀に金鍍金ハバキ。 時代研磨(ヒケ有り)。 白鞘入り。 
合口拵え(幕末期 全長42.5 鞘柄共に黒の呂塗りに金蒔絵、雲の図 こじり、鯉口、縁頭は、銀石目地無文同図 目貫 赤銅八角変り形、表に鳥、裏に兎を据えた出し目貫)付き。



【コメント】
 剣の作例は、古くは平安期より見られますが、これらは勿論実戦用ではなく、御神体、仏像の持ち物、仏教的な魔除けの器等としての意味合いが強く、また政(まつりごと)のための特注品でもあったため、武士よりも僧侶に好まれました。ほぼ無銘作で、東大寺や興福寺などの大寺院を始め、数多くの寺院に抱えられていた大和鍛冶の遺作が多く見られますが、南北朝期を下らない現存作は僅少です。
 本作は生ぶ無銘の剣、寸法六寸九分弱、上品な姿に古調な地刃の出来を示しています。
 本作のように『大和古剣』と極める場合は、南北朝期を下らない作に限られ、室町期以降の作は、『古剣』とのみ表記されます。
 小板肌良く詰み、所々柾肌が波状に流れて肌立つ地鉄、直湾れ調の焼き刃は、ほつれ、小乱れを交え、刃縁の沸匂い深く潤み勝ちで、刃中金筋が掛かっています。
南北朝期を下らない古剣ですので、地刃に鍛え肌、刃が少し弱い箇所もありますが、姿の崩れはありません。
 付属の外装は、幕末期の合口拵えで、瑞雲金蒔絵鞘で、面白い変わり目貫が付いています。
 まだ鑑定が付いて間もない生ぶい逸品、大和古剣は刀剣コレクションとしても必須アイテムです。










【商談中】商品番号:N-657 剣 大和古剣(無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥1,100,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年7月号
(6
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ