刀 兼元(孫六)
(かねもと)


Katana:Kanemoto



古刀・美濃 室町末期 最上作 最上大業物
拵え付き(保存刀装具鑑定書付き) 専用木箱付き
特別保存鑑定書付き




刃長:71.7(二尺三寸七分弱) 反り:1.4 元幅:2.98
先幅:2.13 元重ね:0.60 先重ね:0.45 穴2




鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目流れ心に上品に肌立ち、白け映り立ち、地沸厚く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、三本杉状の尖り互の目乱れを主体とし、小互の目を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく締まり、刃中柔らかな金筋、砂流し掛かる。 帽子、乱れ込んで先地蔵風に返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。 専用木箱付き。
上打ち刀拵え(江戸期 全長102 柄長24.5 鞘 朱塗りに鯉口下三寸五分刻み金梨地塗り 小柄、素銅石目地高彫色絵、韃靼人図 こじり、赤銅研磨地高彫金象嵌、瓢箪図 返り角、銀地亀甲紋図 大栗型、素銅地容彫色絵、鍾馗の図 下げ緒麻に茶の革巻き 柄 親鮫に麻糸蛇腹柄巻き 縁頭、赤銅研磨地高彫金象嵌こじりと同図 目貫、素銅地容彫金色絵、鯰の図 鍔 赤銅研磨地碁石形、耳際に金平象嵌唐草文図 金着せ切羽)付き。



【コメント】
 孫六兼元こと二代兼元は、之定こと和泉守兼定と共に美濃鍛冶の双璧、加えて最上作且つ最上大業物にも列せられる日本屈指の名工です。
 業物位列を定めた『懐宝剣尺』、『古今鍛冶備考』の著者、五代目山田浅右衛門吉睦によると、兼元の斬れ味だけは別格であったとも伝えています。
 実際に『青木兼元』、『大仙兼元』、『地蔵斬り兼元』、『二念仏兼元』等々、その斬れ味にまつわる伝来や号を持つ作が多数残されています。
 兼元の名声を高めたのは豊臣秀吉の影響が大きく、『太閤記』等によると、秀吉が当時の現代刀の中から実用向きで斬れ味の最も良い刀として兼元を取り上げたことで、それ以後、秀吉に仕えた福島正則や山内一豊らもこぞって兼元を差し料とし、その評判が評判を呼び、更に価値を高めたと云います。
 また同工は、『孫六の三本杉』と呼称される、尖り小互の目が三つずつ連れた刃文が代名詞となっていますが、実際の焼き刃は、全て三本杉が揃うことはなく、一本、二本、四本、五本など、様々なパターンを織り交ぜて画一的でないのが特徴で、焼き頭も鋭角的ではなく、やや丸みを帯びて柔らかみがあります。後代になると、焼き頭が鋭角的で規則的に並ぶようになります。
 年紀作はまず見ませんが、作刀期間は永正(一五〇四~二一年)から天文(一五三二~五五年)頃までとされます。
 本作は寸法二尺三寸七分弱、一番下が生ぶ穴ですので、四寸程磨り上がっており、元来は二尺八寸近くあったことが分かります。
 板目肌が流れ心に上品に肌立つ地鉄は、総体的に白け心があり、三本杉状の尖り互の目乱れを主体とした焼き刃は、小互の目を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく締まって良く冴え、刃中柔らかな金筋、砂流し掛かる。 
 前述したようにこれぞ孫六本来の三本杉、刃取りに起伏を見せ変化に富んでおり、茎を見ずとも分かる程の典型的作風を示しています。
 鑑定が付いたばかり 何処にも出ていない激生ぶ品、外装も江戸期のオリジナル、朱塗り鞘で、腰元のみ小刻みを入れて金梨子地とした何ともお洒落な作、金具類も赤銅、素銅地の良質な物を使用、保存刀装具鑑定が付いて専用の木箱に入っています。
 地に少し鍛え肌等もありますが、最上作にして最上大業物、孫六兼元が典型的な三本杉を焼いた優品、寸法充分、これは強くお薦めせずにはいられません。






















【売約済】商品番号:N-672 刀 兼元(孫六) 特別保存鑑定書付き 拵え付き(保存刀装具鑑定書付き) 専用木箱付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年7月号
(6
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ