刀 出羽大掾藤原国路
(でわだいじょうふじわらのくにみち)


Katana:Dewa Daijo Fujiwarano Kunimichi



新刀・山城 江戸初期 業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き
近藤鶴堂鞘書き有り




刃長:70.8(二尺三寸四分弱) 反り:1.5 元幅:3.03
先幅:2.08 元重ね:0.62 先重ね:0.43 穴1




鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、小板目に板目交じり、所々流れ心にややザングリと肌立ち、地沸強く、湯走り、飛び焼き交じり、地景入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に、小互の目を交え、刃縁荒沸付いて匂い深く明るく冴え、刃中互の目足入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで先尖り風に返る。 茎生ぶ、先やや細って深い栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
打ち刀拵え(現代作 全長106 柄長24 鞘 黒の呂鞘 下げ緒、卯の花に鉄紺の龍模様 柄 親鮫に卯の花蛇腹巻き 縁頭、赤銅高彫象嵌菊花図 目貫、赤銅容彫色絵、菊花図 鍔 赤銅研磨地、無文、両櫃孔)付き 。



【コメント】
 『正宗十哲』、無銘(伝長船長義)の重要刀剣、正に豪壮無比、これが南北朝盛期に於ける相伝備前の最高峰です。
 国路は、堀川国廣の高弟として名高く、新刀ながら重要文化財二口、重要美術品四口を数える名工です。その出自に付いては、不明な点も多く、初銘を『国道』と言い、伊賀守金道、丹波守吉道などと同じ、『道』の字を使用していること、晩年には当時三品系以外には使用することのない、『来』の字を冠し、『来国路』と銘していること、湾れ込んで先尖り心となる、いわゆる三品帽子が多いことなどからして、三品鍛冶とも深い繋がりがあったとされ、特に越中守正俊とはかなり近しい関係にあったことが分かっています。
 師が没した慶長十九年頃に『出羽大掾』を受領したと伝わり、それまでは『平安城住国路』などと切っています。
年紀作は極稀ですが、上限は慶長十三年、下限は寛文二年、また慶安五年の作に、『七十七歳』と年齢を刻したものが残っていることから、天正四年生まれであることが分かっています。
 国廣門下中、最も器用人であり、各伝法をこなしますが、相州伝を最も得意とし、中でも志津、左文字を狙った作に名品が多く残されており、稀に倶利伽羅、不動明王、昇り龍等々、巧みな彫りもあります。
 本作は寸法二尺三寸四分弱、覇気溢れる刃を焼いた同工典型作、年紀はありませんが、昭和二十六年三月、近藤鶴堂先生の鞘書きによると、『時代寛永の頃 出来殊の外よろし。』とあります。
 鶴堂こと、近藤周平は、明治から昭和に掛けて活躍した刀剣研究家、『鑑刀必携』などの著者で、得能一男先生の師に当たります。昭和四十年、七十九歳没。
 鶴堂先生の鞘書きは珍しいです。
 本作は小板目に板目交じり、所々流れ心にややザングリと肌立ち、湯走り、飛び焼き交じり、地景が入っています。互の目乱れを主体に小互の目を交えた焼き刃は、刃縁荒沸付いて匂い深く明るく冴え、刃中互の目足入り、金筋、砂流しが掛かっています。帽子も湾れ込んで先尖り風に返るなど三品風を呈しており、豪壮無比な姿ではありませんが、出羽大掾国路の真骨頂とも言える典型的な出来映えを示した自信作です。
























商品番号:N-749 刀 出羽大掾藤原国路 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 近藤鶴堂鞘書き有り

価格: ¥1,850,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年9月号
(8
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ