大太刀 月都鏡嶽山人源吉正造之
(つきのみやこきょうがくさんじんみなもとのよしまさこれをつくる)


Ohtachi:Tsukinomiyako Kyougakusanjin Minamotono Yoshimasa



新々刀・信濃 江戸末期 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:101.8(三尺三寸六分弱) 反り:2.9 元幅:3.22
先幅:1.81 元重ね:0.70 先重ね:0.40 穴2(内1忍)




鎬造り、鎬庵棟尋常、小切っ先。 鍛え、板目に杢目交じり、総体的に流れて肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、直調の焼き出しがあり、互の目乱れを主体に、丁子風の刃、小互の目、尖り風の刃を交え、刃縁沸匂い良く付き、刃中葉、小足繁く入り、金筋、砂流し掛かり、細かな飛び焼き交じる。 帽子、直調で、先掃き掛け僅かに返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢せん鋤。 銅ハバキ。 時代研磨(小サビ有り)。 白鞘入り。
打ち刀拵え(現代作 全長約141センチ 柄長33センチ 鞘 錆朱呂塗り 鯉口、栗型、こじり、黒塗り 下げ緒黒 柄 親鮫に黒表側柄巻き 縁粗目の赤銅魚子地 頭角 目貫、素銅容彫、鶴図 鍔 銀研磨地、毛彫、両櫃孔、下がり藤紋図)付き。  



【コメント】
吉正は玉井大次郎と言い、信濃国松代(現長野市松代町)出身で、江戸へ出て細川正義に学び、帰郷して地元で鍛刀しました。
活躍期を文政(一八一八~三〇)から嘉永(一八四八~五四)頃とする、源清麿と同時代の信濃鍛冶です。
銘は、『月都雲龍子吉正』、『玉井大次郎信陽鏡竹山吉正』、『月都鏡嶽山人源吉正』などと切ります。
吉正の作で有名なのは、文政七年作、『天下無敵 雷風太刀』と刻まれた寸法三尺三寸の大太刀、尾崎源五右衛門助隆の孫、尾崎天竜子正隆との合作刀です。
雷風とは、吉正と同郷出身の大相撲史上最強力士、雷電為右衛門の弟子と伝わる力士、その雷風による特注品と云われています。 
本作は、寸法三尺三寸六分弱、茎長33㎝の大太刀、前述の『雷風太刀』と出来、寸法共にほぼ同等の作と鑑せられます。同じ頃の作か、後年、再現したものと考えられますが、こちらは単独銘です。
互の目乱れを主体に、丁子風の刃、小互の目、尖り風の刃を交えた焼き刃は、刃中葉、小足繁く入り、金筋、砂流し掛かり、細かな飛び焼きを交えるなど、覇気溢れる出来映えで見応えがあり、オリジナルの拵えも付いています。
ただこれだけの寸法ですので、その扱いは容易くありません。その点を充分にご留意下さい。
幕末信濃鍛冶、玉井雲龍子吉正の貴重な現存作、今一つの『雷風太刀』、特別保存鑑定書もピシッと付いた天下無敵の三尺刀です。




















商品番号:N-858 大太刀 月都鏡嶽山人源吉正造之 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥1,580,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年11月号
(10
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ