短刀 卍正次拝作(桜井正次)
(まんじまさつぐはいしてつくる)
明治三十七年二月(一九〇四)


Tanto:Manji Masatsugu



現代・東京
保存刀剣鑑定書付き




刃長:26.9(八寸九分弱) 反り:なし 元幅:2.44 元重ね:0.54 穴1



平造り、庵棟高め。 表に『南無阿弥陀仏』の文字彫り。 鍛え、板目に大板目交じり、所々流れて上品に肌立ち、地沸厚く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に小互の目を交え、刃縁沸匂い深く明るく冴え、刃中葉、互の目足入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ調で、先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。白鞘入り。  



【コメント】
桜井正次は慶応三年生まれ、青竜斎正次の子で、東京四谷に住し、父同様、固山宗次一門で、二代宗次に学びました。明治後半から昭和初め頃に活躍した名工で、東京四谷の他、京都八幡、鎌倉瑞泉寺鍛刀所、静岡富士山麓にある金剛鍛刀所などでも鍛刀し、『金剛斎』とも号しました。茎に『卍』を切り付けることがあるため、『卍正次』の異名でも良く知られています。また宮家である有栖川宮威仁(ありすがわのみやたけひと)親王のお相手鍛冶としても有名で、その静養先、神戸市舞子の別邸に於いても、度々鍛刀しています。門下で次男の正幸は、人間国宝隅谷正峯の師であり、東京美術学校(現東京芸術大学)の講師も務めました。
現代刀匠の位列表、『聖代刀匠位列』では、『貴品上位 最上大業 検査役格』に列せられ、昭和二十五年、八十三歳で没しています。
本作は明治三十七年、同工三十七歳の頃の作、地刃共に働きが盛んで良く冴えた素晴らしい出来映えです。
鞘書きに『弥陀利剣(みだのりけん)』とありますが、『弥陀』とは『阿弥陀』の略 『利剣』斬れ味鋭い刀の意、仏教語では、『弥陀の利剣』と言えば、煩悩や邪悪なものを打ち破る仏法や知恵のことを指します。
『南無阿弥陀仏』の文字彫りからも分かるように、注文打ちのお守り短刀、銅に金着せの二重ハバキがピシッと付いて、桜井卍正次の高い技量が存分に示された優品です。










【売約済】商品番号:N-864 短刀 卍正次拝作(桜井正次) 明治三十七年二月(一九〇四) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年11月号
(10
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ