刀 越後国義光作
(えちごのくによしみつつくる)
昭和五十八年八月吉日 為打ち銘有り


Katana:Echigonokuni Yoshimitsu



現代・東京
無鑑査刀匠




刃長:68.4(二尺二寸六分弱) 反り:1.8 元幅:3.28
先幅:2.31 元重ね:0.68 先重ね:0.40 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先やや詰まる。 表裏棒樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、小板目肌やや沈み勝ちに良く詰み、所々上品に肌立ち、地沸付き、地鉄良好。 刃文、互の目丁子乱れを主体とし、重花丁子、大房丁子、小互の目を交え、刃縁匂い勝ちで明るく締まり、刃中丁子足、葉が間断なく入る。 帽子、乱れ込んで焼き深く先小丸風に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
義光は大野三男と言い、昭和二十三年、現在の新潟市西区大野町に生まれました。昭和四十四年、東京へ出て吉原義人、荘二門下に入り、昭和五十一年に独立、地元に鍛刀場を設立、昭和五十二年、結婚を機に吉川姓となり、東京に移住しました。以降昭和六十二年まで、新作名刀展に於いて、高松宮賞五回、努力賞四回、奨励賞、文化庁長官賞を連続受賞、昭和六十二年六月、無鑑査に認定されました。
備前伝丁子刃の探究とその再現の美しさに於いては、他の追随を許さず、世上、『大野丁子』と呼称される見事な刃文は、愛刀家達を魅了し、昭和の終わりから平成に掛けて、現代刀人気の火付け役となりました。
本作はその真骨頂とも言える備前一文字写し、昭和五十八年、同工三十五歳の頃の作です。
寸法二尺二寸六分弱、切っ先やや猪首風に詰まり、身幅しっかりとしたスタイルは、鎌倉中期の勇壮な太刀姿を示しており、現代刀でこの寸法、為打ち銘もありますので、特注の入念作です。
互の目丁子乱れを主体とし、重花丁子、大房丁子、小互の目を交えた焼き刃は、刃縁匂い勝ちで明るく締まり、刃中丁子足、葉が間断なく入っています。
この時期は『大野丁子』がいよいよ完成期に入った頃で、地刃の冴えは素晴らしいものがあります。またこれだけ華やかでありながら、全く嫌みのない丁子刃の美しさ、刃縁の深みなどは、同工の高い技量によってのみ成せる技でしょう。
無鑑査刀匠大野義光による自信作、比類無き『大野丁子』を存分に堪能出来る逸品です。














商品番号:N-871 刀 越後国義光作 昭和五十八年八月吉日 為打ち銘有り 無鑑査刀匠

価格: ¥1,580,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年11月号
(10
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ