刀 同田貫(生ぶ無銘)
(どうたぬき)


Katana:Dotanuki



古刀・肥後 安土桃山期 拵え入り
保存刀剣鑑定書付き




刃長:77.2(二尺五寸五分弱) 反り:2.7 元幅:3.18
先幅:1.83 元重ね:0.77 先重ね:0.50 穴1




鎬造り、鎬高く庵棟低め、中切っ先。 鍛え、板目に杢目、流れ肌を交えて所々大模様に肌立ち、地沸厚く付き、表は白け映り立ち、裏は皆焼風の飛び焼き入り、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で、小乱れ、小互の目を交え、刃縁沸匂い付いてやや沈み勝ちに締まり、刃中小足、葉入る。 帽子、湾れ調で、先焼き詰め風。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢勝手下がり。 銀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
糸巻き太刀拵え(江戸後期 全長約102 柄長29.8 鞘 黒渦巻き模様塗りに桐紋陰陽蒔絵 足間錦布 柄 鮫に黒柄巻き 金具類は鉄地布目象嵌唐草に桐紋図の一作 太鼓金は四分一地高彫菊紋と葵紋図 鍔 鉄地葵形、鋤出彫、金布目象嵌、唐草図)付き。



【コメント】
本作は生ぶ無銘、『同田貫』の極めが付されています。寸法二尺五寸五分弱、元先身幅の差があり、反り深く踏ん張りのある姿は、ある種同派らしからぬ上品なスタイルと思われるかもしれませんが、現状太刀拵えが付属していることからも分かるように、陣太刀用に製作された貴重な特注品です。
地刃の出来は、如何にも同田貫らしく野趣があり、特に裏は地に飛び焼き、ムラ焼きを多数配し、皆焼状を呈しています。
鍛え肌、研ぎ減りは少しありますが、これが『折れず、曲がらず、同田貫』と賞賛された最強の実戦刀、長尺で太刀風のスタイルも大変好ましく、江戸期の桐紋散らし鞘糸巻き太刀拵えと共にお楽しみ下さい。














【売約済】商品番号:N-887 刀 同田貫(生ぶ無銘) 安土桃山期 拵え入り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年2月号
(1
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ