刀 法橋弘安斎寿命
(ほっきょうこうあんさいとしなが)


Katana:Hokkyo Kouansai Toshinaga



新刀・尾張 江戸前期
特別保存刀剣鑑定書付き
宮形光盧先生鞘書き有り




刃長:62.3(二尺六分弱) 反り:2.3 元幅:3.33
先幅:2.43 元重ね:0.79 先重ね:0.56 穴2




鎬造り、鎬高く庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目肌流れ心に肌立ち、地沸厚く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、大互の目乱れを主体に、矢筈風の刃、尖り刃、箱掛かった刃、逆心の刃を交え、刃縁沸匂い深く明るく、刃中金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ調で沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢大筋違い。 赤銅仕上げ二重ハバキ。 時代研磨。  



【コメント】
美濃寿命一派は、初代は大和国出身と云い、鎌倉末期正応(一二八八~九二)頃に美濃国大野郡西郡(さいぐん)に移住したため、西郡鍛冶と呼ばれます。
西郡地区は、現在の岐阜県揖斐(いび)郡大野町、同郡揖斐川町の一部に当たります。
寿命の名跡は、初代以降連綿と続き、室町後期頃には分派して美濃関、大和、尾張にも移って新々刀期まで続きますが、作を見るのはほぼ新刀期以降です。
江戸初期の同派鍛冶に近藤助左衛門寿命がおり、元来は前述の美濃西郡地区の清水(きよみず)で鍛刀していましたが、慶長頃に尾張清州へ移住、寛永五年に名古屋へ移住して『丹後守』を受領、それ以降代々名古屋で鍛刀しました。
本工はその二代目、近藤惣左衛門と言い、初銘を彦五郎、寛文三年に初代が八十五歳で没するとその跡を継ぎました。天和三年には『法橋(ほっきょう)』の称号を授かり、元禄十六年、八十四歳没。 銘は、『寿命』、『濃州住彦五郎寿命』、『法橋弘安斎寿命』などと切ります。
本作に年紀はありませんが、前述のように、『法橋』を冠した銘振りから、天和三年以降、六十代半ば頃の作になります。
昭和二十三年、宮形光盧(武次)先生の鞘書きにも『尾張国法橋弘安斎寿命 時代天和頃 濃州同人也』とあります。宮形光盧は、本阿弥光遜等と同時期、昭和初期の刀剣研究家です。
  本作は元禄前後に見られる元先身幅の差が少ない豪壮で反り深めのスタイル、大互の目乱れを主体に、矢筈風の刃、尖り刃、箱掛かった刃、逆心の刃を交えた焼き刃は、刃中金筋、砂流し掛かるなど、美濃相州伝とも言うべき覇気溢れる出来映えです。
更に寿命は二字銘が多いため、中々区別し難いですが、本作のように長銘で切ったものは大変貴重、これで仮に寸法が二尺四、五寸あって、裏年紀、若しくは金象嵌截断銘などがあれば、その希少価値も踏まえて、重要候補になりそうな雰囲気です。
古い登録証は、昭和二十六年三月の東京登録、本誌初掲載の法橋弘安斎寿命、新刀寿命の代表作と言える一振りです。














【売約済】商品番号:N-905 刀 法橋弘安斎寿命 特別保存刀剣鑑定書付き 宮形光盧先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年2月号
(1
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ