刀 津田越前守助廣作
(つだえちぜんのかみすけひろつくる)
近江守助直添銘 天和二年八月日(一六八二)


Katana:Tsuda Echizennokami Sukehiro



新刀・摂津 江戸前期 最上作 大業物
特別保存刀剣鑑定書付き
寒山先生及び探山先生鞘書き有り




刃長:69.5(二尺二寸九分強) 反り:1.4 元幅:3.13
先幅:2.15 元重ね:0.72 先重ね:0.56 穴2(内1忍)




鎬造り、鎬尋常庵棟高い、中切っ先。 鍛え、小板目肌良く詰み、地沸厚く付き、細かな地景入り、地鉄概ね精良。 刃文、濤瀾風互の目乱れを主体に、互の目、箱掛かった乱れを交え、刃縁の沸匂い深く明るく冴え、刃中互の目足入り、太い沸筋烈しく掛かる。 帽子、湾れ調で沸付き、先尖り風に掃き掛け返る。 茎生ぶ、先入山形、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。  



【コメント】
本作は、助廣最晩年の作に助直が銘を切った世にも珍しい合作刀、烈しい濤瀾風乱れを焼いた集大成的な優品です。
二代助廣は、寛永十四年、摂津国打出村(現在の芦屋市)に生まれ、大坂に出て初代助廣の門人となり、後に養子となって二代助廣を襲名、井上真改と双璧を成す大坂新刀鍛冶の最高峰で、同工が創始した濤瀾刃は、それ以降現代に至るまで、数多の刀匠に多大なる影響を与えており、華やかな乱れ刃の代名詞となっています。
年紀作に見る活躍期は、承応二年から天和二年までの三十年余りですが、 銘の変遷としては、最初は基本『越前守助廣』銘ですが、寛文七年二月からは、津田を冠したいわゆる『角津田』銘となり、筋違いのみであった鑢目に同工特有の香包化粧鑢が加わり、寛文七年八月からは、裏年紀のみ草書風となります。延宝二年二月からは、表裏草書風の『丸津田』銘となります。天和二年三月、四十六歳で急逝。
作風は、初代の代作期に於いては、丁子に互の目交じり、小丁子乱れ、焼きの高い足長丁子など、全て初代風を継承していましたが、寛文三年に初代が没してからは、濤瀾風の刃が交じる互の目乱れへ移行、焼きの谷に玉を焼くようになります。同工の代名詞でもある濤瀾刃が完成するのは、角津田銘の終わり頃、延宝年間に入ってからとなります。
助直は、寛永十六年、近江国高木(現滋賀県野洲市高木)に生まれ、後に摂津へ出て、晩年の初代助廣門下に入り、二歳年上の二代助廣と共に初代を助けました。後に妹婿になったと伝えています。自らが独立すると、一旦高木へ帰りましたが、天和二年三月に、二代助廣が急逝すると、摂津へ戻りました。寛文九年、『近江守』を受領、年紀作に見る活躍期は、寛文八年から五十五歳になる元禄六年までで、正確な没年は不明です。
銘振りは、最初『近江国住助直』、受領後は『近江守助直』、『近江守高木住助直』などと切ります。前述したように、天和二年三月、二代助廣が急逝すると、同年八月からは、『津田近江守助直』とのみ切り、助廣と同様、丸津田風の書体となります。津田姓を冠するのは、助廣一門の棟梁の証、この時より、助直が名実共に一門の棟梁になったことを証明しています。またこれ以降『高木住』と添えた銘が見られないことは、それまで摂津と高木を往来していた助直が、摂津に定住したことを意味しています。
作風は、師伝の濤瀾乱れを見事に継承しており、師に迫る作もまま見られます。
本作は天和二年八月、助廣四十六歳、助直四十四歳の頃の作、共にいわゆる『丸津田』銘の華やかな濤瀾風大互の目乱れの会心作です。
前述のように、助廣はこの年の三月に没しているので、『八月日』では辻褄が合いませんが、これは探山先生鞘書きにもあるように、古来より刀匠が習慣的に使う特殊な『製作月』の切り方、つまりその年の二~七月中に作ったものには『八月日』と入れる慣わしに因るものです。更に『助廣の最晩年の作に高弟助直が代銘したものである。』とありますが、助廣は急逝したと伝わっていますので、その時点で銘切りしていない遺作が数振り残されていたと考えられます。その中で特に出来の良いものに、助直が銘を添えたという解釈になるかと思います。
小板目肌が良く詰んだ精良な地鉄は、細やかな地景が繁く入り、濤瀾風互の目乱れを主体に、互の目、箱掛かった乱れを交えた焼き刃は、刃縁明るく冴え、刃中互の目足入り、太い沸筋が烈しく掛かっています。
鞘書きにも『細緻なる小板目肌に濤瀾掛かる大互の目乱れを焼き、沸匂い深く厚く付き、老熟の技を示す優品也。』とあります。
津田一門の棟梁二人による合作刀と解するべき逸品、このような作刀は数振りあるようですが、勿論初見であり、本誌初掲載、この銘振り、年紀等、一門の研究に資する大変貴重な現存作となるでしょう。とにかく出来が素晴らしいです。
















【売約済】商品番号:N-934 刀 津田越前守助廣作 近江守助直添銘 天和二年八月日(一六八二) 特別保存刀剣鑑定書付き 寒山先生及び探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年2月号
(1
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ