脇差し (葵紋)以南蛮鉄於武州江戸越前康継(初代)
(なんばんてつをもってぶしゅうえどにおいてえちぜんやすつぐ)
本多飛騨守所持之内 一胴及度々 末世釼是也


Wakizashi:Nanbantetsu Busyu Edo Echizen Yasutsugu



新刀・武蔵 江戸初期
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:53.3(一尺七寸六分) 反り:1.1 元幅:3.31
先幅:2.56 元重ね:0.67 先重ね:0.52 穴2




鎬造り、鎬尋常庵棟高め、中切っ先張る。 鍛え、板目肌良く詰み、地沸厚く付いて上品に肌立ち、細かな地景繁く入り、地鉄精良。 刃文、湾れ乱れ調で、丸い互の目を交えて腰開きに焼き、一部島状に飛び焼きとなって皆焼風を呈し、刃縁沸匂い深く明るく締まり、刃中金筋、砂流し頻りに入る。 帽子、湾れ調で先掃き掛け深く返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
康継一門は、徳川将軍家の抱え鍛冶であり、当時の刀鍛冶としては、最高の地位にあった名門です。三代目継承の際に、江戸と越前に別れ、両家とも幕末まで抱え鍛冶として御用を勤め上げました。
初代康継は、下坂市左衛門と言い、美濃赤坂千手院の末裔である下坂廣長の子として、近江国坂田郡下坂村で生まれました。父に鍛刀を学び、始め『越前国下坂』と銘じ、文禄年間に『肥後大掾』を受領、『肥後大掾下坂』と銘しています。その後、慶長初年頃に、越前一乗谷北ノ庄に移住、慶長五年、『関ヶ原の戦い』の後に、徳川家康の次男、松平(結城)秀康が、越前北ノ庄藩(福井藩)初代藩主として越前に入ると、秀康に抱えられ、越前松平家の抱え鍛冶となりました。慶長十年頃、家康、秀忠両将軍に召し出され、江戸に於いて鍛刀、その技術を認められた康継は、家康より『康』の字を賜り、『康継』と改め、茎に『葵紋』を切ることを許されました。以後将軍家御用鍛冶職として、原則、隔年で越前と江戸で鍛刀しました。元和七年没。
作風は、浅い湾れを交えた直刃調に、丁子風の刃、互の目、尖り風の刃を交えたものを基本とし、中には沸出来の大乱れ、大互の目乱れ、直湾れ、直刃ほつれ、皆焼きもあります。
新刀ながら、昨年(令和二年)までで重要文化財二振り、重要美術品十五振り、特別重要十三振りの指定品があり、写し物も得意で、相州正宗、貞宗、三条宗近、粟田口吉光などの写しが残されており、『獅子貞宗』、『梅竹貞宗』、『切刃貞宗』などの『貞宗写し』は特に有名です。
本作は寸法一尺七寸六分、切っ先強く張って、元先身幅の差が少ない勇壮な慶長新刀姿を示しており、地刃すこぶる健全な優品です。
板目肌良く詰み、細かな地景が繁く入る精良な地鉄、湾れ乱れ調の刃文は、丸い互の目を交えて腰開きに焼き、一部島状に丸い飛び焼きとなって皆焼風を呈し、刃縁明るく締まり、刃中金筋、砂流しが頻りに掛かっています。
こういった独特な皆焼風の刃文は、同工にはまま見受けられる作風で、『康継大鑑』にも、本作と寸法、姿、出来がほぼ同じ作があります。
特筆すべきは『本多飛騨守所持之内』とある所持銘、初代の作にはこういった所持銘のあるものが多く残されており、二代にも僅かに見られますが、三代以下は皆無です。中でも本作の所持銘は、『康継=本多飛騨守』の所持銘が連想される程有名です。『本多飛騨守』とは、本多成重のことで、彼が康継の最大の経済的支援者であったことを示しており、この所持銘がある作は重宝され、大変人気があります。
成重は、徳川家重臣、慶長十八年に松平忠直(家康の孫)の付家老となり、丸岡四万石を領した越前丸岡藩の初代藩主です。『大坂の役』では武功を挙げ、慶長二十年、飛騨守に任じられました。藩政の基礎を固めるために、城下町の建設や治水工事などにも尽力、正保四年、七十六歳で没。
『一胴及度々』と截断切り付け銘がありますが、『一胴』は『一の胴』のこと、乳頭のやや上、肋骨が多い難易度の高い部位で何度も試しており、その凄まじい斬れ味も実証済みです。
初代の作を主として、二代及び下坂一門の作には、本作のように『末世釼(剣)是也(まっせいのけんこれなり)』、『末世ノ釼是也』、『末世之釼』などと切った作が稀にあります。明確な意味は分かっていませんが、康継大鑑等では、『末の代まで受け継がれるべき名刀』の意と介するのが最も妥当であるとしています。つまりは自信作にのみに切られる自負心の表れでしょう。初代の場合、若打ちには見られず、葵紋を切る康継改銘後の作に限られているのもポイントです。
康継一門は、前述のように茎に葵紋を切りますが、初代は五割弱、二代は八割、三代以下で切ってないものは皆無、また初代の脇差しは少なくはありませんが、ほとんど平造りか片切り刃であることを踏まえると、本作が如何に貴重であるかが分かります。
探山先生鞘書きにも、『大模様の団子丁子風の乱れを焼き、所々くびれ部分が切れて丸い飛び焼き状を呈し皆焼風となる作域は、初代が時折見せる個性豊かな作風で、出来も素晴らしい。』とあります。
兎にも角にも、『本多飛騨守所持』の切り付け銘がある初代康継の作は、絶対に押さえて下さい。大変立派な康継です。


















【売約済】 商品番号:N-936 脇差し (葵紋)以南蛮鉄於武州江戸越前康継(初代) 本多飛騨守所持之内 一胴及度々 末世釼是也 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年2月号
(1
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ