脇差し (太刀銘)波平行安
(なみのひらゆきやす)
応永卅二二年八月十二日(一四二七)


Wakizashi:Naminohira Yukiyasu



古刀・薩摩 室町初期
拵え入り(鐔に保存鑑定付き)
保存刀剣鑑定書付き




刃長:39.6(一尺三寸一分弱) 反り:0.6 元幅:2.89 元重ね:0.78 穴2



菖蒲風造り、鎬高く庵棟低め。 表裏棒樋をハバキ上で掻き流す。 鍛え、小板目良く詰み、所々板目波状に流れて上品に肌立ち、総体的に白け心あり、地沸良く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、細直刃湾れ調で、刃沸匂い深く小沸付いて潤み勝ちに明るく、刃中細かな葉、小足入る。 帽子、直調で大丸風となり、先ほつれて焼き詰め風。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢檜垣。 銅二重ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ有り)。
脇差拵え(全長57センチ 江戸後期 鞘 黒柿色の海老鞘 栗型、四分一地毛彫金点象嵌、波の図 小柄、素銅石目地、茶道具の図 瓦金、素銅石目地 柄 親鮫に茶革柄巻き 縁頭、赤銅地毛彫、金点象嵌、荒波図 目貫、素銅地、菱紋に梅の図 鍔 赤銅石目地、鋤出彫、唐草に菊花図)入り。  



【コメント】
波平一派は、古伝書によると、平安後期に大和から薩摩国谷山郡波平の地に移住したと伝わる正国を祖とし、江戸末期まで九百年余り続いた一大流派です。正国の子が行安で、以降一派は、『行安』又は『安行』の名前を嫡流的に継承し、且つ一門の多くが『安』又は『行』の一字を通字としています。
作風は、一貫して大和伝を墨守、総体的に流れてネットリとした柾心のある鍛えに、白け映りの立つ地鉄を基本とし、波状に綾杉風の肌が出る場合もあります。焼きの低い穏やかな直刃を主体とし、ほつれ、打ちのけ、二重刃掛かり、匂い口は潤み勝ちとなります。ただ室町末期頃になると、備前伝、相州伝に影響を受けた乱れ刃も見られるようになります。
本作は希少な波平行安の生ぶ茎在銘品、菖蒲風のスタイルで鎬高く太刀銘に切っており、年紀も『応永三十四年八月十二日』まで入っています。
やや沈み勝ちに小板目良く詰み、所々板目が波状に流れて上品に肌立つ地鉄は、総体的に白け心があり、細直刃湾れ調の焼き刃は、刃沸の匂い深く小沸付いて潤み勝ちに明るく、刃中細かな葉、小足が入っています。
時代相応の研ぎ減り、鍛え肌も僅かにありますが、典型的な地刃の出来を堪能出来る佳品で、江戸期の渋い海老鞘拵えに入っています。
波平一派の嫡流である行安の貴重な在銘現存作、応永年紀入りでこれは見逃せません。














【売約済】商品番号:N-954 脇差し (太刀銘)波平行安  応永三十四年八月十二日(一四二七) 保存刀剣鑑定書付き 拵え入り(鐔に保存鑑定付き)

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年2月号
(1
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ