短刀 山村安信(生ぶ無銘)
(やまむらやすのぶ)


Tanto:Yamamura Yasunobu



古刀・越後 室町初期 拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:26.4(八寸七分) 反り:なし 元幅:2.36 元重ね:0.45 穴2



平造り、庵棟高め。 表は梵字に腰樋、添え樋、裏は護摩箸をハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目肌流れ心に上品に肌立ち、鎬寄り沸映り強く立ち、地沸厚く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、細直刃調で小乱れ交じり、刃縁沸付いてやや潤み勝ちとなり、刃中細かな金筋掛かる。 帽子、直調で沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
合口拵え(近代作 全長51 鞘 黒石目地 小柄、赤銅魚子地高彫色絵、裏は哺金、藤戸の図 柄 出し鮫柄 縁頭、角黒 目貫、赤銅魚子地金色絵、立ち葵紋図)付き。



【コメント】
越後の山村一派は、正信を祖として南北朝中期から室町後期に掛けて活躍、現在の新潟県上越市本城町(もとしろちょう)付近で鍛刀した一派です。正信は、この付近を領した豪族武士で、京より信国を招いて鍛刀を学んだと云い、子に安信がいます。正信の在銘確実な現存品はまず見ませんが、安信には僅かに残されており、同銘が数代に渡っています。
作風は、直刃、湾れ乱れ、互の目乱れを主体とし、彫り物も簡素なものから倶利伽羅までありますが、総じて信国風を継承したものとなっています。
本作は生ぶ無銘の寸延び短刀、特別保存鑑定が付いており、『山村安信』と極めています。
寸法八寸七分、身幅の割にやや寸が延びた室町初期の短刀スタイルを示しています。
安信は、前述したように正信の子で応永頃の刀工、後に正信銘を継承、信国とも名乗ったと伝わります。
板目肌が流れ心に上品に肌立つ地鉄は、鎬寄り沸映り強く立ち、細直刃調で小乱れ交じりの刃文は、刃縁沸付いてやや潤み勝ちとなり、刃中細かな金筋掛かるなど、全てに於いて信国風、簡素ながら腰元の彫り物もピシッと決まっています。
多少研ぎ減りもありますが、地刃に古調な雰囲気があって 味わい深い佳品です。
外装は、青貝散らしの笛巻き鞘、金無垢目貫、在銘縁頭など大変立派な作、少し地に荒れた箇所もありますが、特別保存鑑定が付いていることからも分かるように地刃は健全、出来、彫り物など、信国風を見事継承した味わい深い山村安信の典型作です。










【売約済】商品番号:N-977 短刀 山村安信(生ぶ無銘) 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年2月号
(1
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ