刀 無銘

Katana:Mumei



新刀 江戸前期 拵え付き



刃長:69.8(二尺三寸強) 反り:1.7 元幅:3.45
先幅:2.34 元重ね:0.88 先重ね:0.58 穴2




鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先やや延び心。 表裏棒樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、板目肌総体的に波状に流れ、地沸微塵に厚く付き、地景繁く入り、地鉄概ね精良。 刃文、互の目丁子乱れを主体に、小互の目、角張った刃、尖り風の刃を交え、刃縁烈しく沸付き、刃中頻りに金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で沸付き、先掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢浅い勝手下り。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
打刀拵え(近代作 全長101.5 柄長24.5 鞘 黒の呂鞘 黒下げ緒 柄 鮫に黒柄巻き 縁頭、赤銅魚子地高彫色絵、源平合戦図 目貫、赤銅容彫色絵、鞭と兜の図 鍔 鉄地丸形透、時雨亭図)付き。  



【コメント】
本作は大磨り上げ無銘、寸法二尺三寸強、切っ先延び心で身幅、重ね広くガシッとした一振り、樋がありますが、ズシッと重く、地刃すこぶる健全です。作は江戸期元禄(一六八八~一七〇四)頃と鑑せられます。
地沸がびっしりと付いた精良な地鉄は、板目が総体的に波状に流れ、互の目丁子乱れを主体に、多種の刃を交えた焼き刃は、刃中烈しく沸付き、金筋、砂流しが幾重にも重なって掛かっています。
本作のような烈しい乱れ刃に、所々強い柾流れを交えた出来は、兼法、兼則、兼植など越前関一派にまま見られ、その他では越前下坂一派の上総守宗道などにもこういう出来があったかと思います。一度鑑定に出して見るのも良いでしょう。乱れ映りが出ていますが、これはおそらく後天的なものです。時代を吊り上げて古い作に見せようとしたのでしょうか。とにかく刀が立派で魅力的、相州伝風の烈しい乱れ刃の新刀がお好きな方には絶対お薦めです。














【売約済】商品番号:O-235 刀 無銘 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年8月号
(7
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ