刀 無銘(伝延寿)
(でんえんじゅ)


Katana:Mumei(Den Enju)



古刀・肥後 鎌倉末期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.1(二尺三寸一分強) 反り:1.8 元幅:2.88
先幅:1.94 元重ね:0.68 先重ね:0.50 穴2




鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 表裏共に棒樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、小板目に板目、流れ肌を交えて上品に肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、直刃調で、刃縁小沸付いて締まり、所々沈み勝ちとなり、ほつれ交じり、刃中金筋掛かる。 帽子、直調でやや大丸風となり、先僅かに返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銀に金鍍金ハバキ。 時代研磨(細かなヒケ有り)。 白鞘入り。  



【コメント】
肥後延寿派は、山城来国行の孫とされる国村を事実上の祖とし、鎌倉末期から南北朝期に掛けて大いに栄えました。南北朝期を下らない作を延寿、室町期以降の作を末延寿と総称しています。代表工には国吉、国資(くにすけ)、国泰、国時、国信などがいます。
作風は、基本来風ですが、仔細に見ると、鍛えには柾目が交じり、強い沸映りではなく白け映りとなる点、刃文は直刃基調ながら刃中の働きが穏やかになる点、帽子も直調に丸く返りながらも、丸みが大きく返りが短い点などが相違し、同派の見所ともなっています。
本作は寸法二尺三寸一分強、輪反り風の上品な太刀姿で、『伝延寿』の極めが付された佳品です。
直刃調で、刃縁小沸付いて締まり、所々沈み勝ちとなり、ほつれ交じり、刃中金筋掛かる刃文、帽子も直調でやや大丸風となり、先僅かに返っています。
地に鍛え肌等もありますが、焼き刃は至って健全、同派鍛冶全般に通じる上品な地刃の味わいが良く示された典型的作、上品な延寿です。














商品番号:O-263 刀 無銘(伝延寿) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,100,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年10月号
(9
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ