短刀 藤原□永
(ふじわらの□なが)


Tanto:Fujiwara □naga



古刀 室町前期 拵え入り



刃長:26.2(八寸六分強) 反り:僅か 元幅:2.67 元重ね:0.33 穴4



平造り、庵棟尋常。 表裏二筋樋をハバキ下で丸留める。 鍛え、板目に杢目交じり、所々流れて肌立ち、地沸良く付き、地鉄概ね良好。 刃文、湾れ調で上半は小互の目が連れ、刃縁小沸付いてやや沈み勝ち、刃中金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で先掃き掛け返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢切り。 赤銅ハバキ。 時代研磨(サビ有り)。
銀地一作合口拵え(幕末拵え 全長42.5 鞘 黒の角笛、栗型黒塗り、しとどめ銀 柄、堅木 小柄笄、鞘胴金、銀地毛彫、波に貝模様図 鯉口、縁頭、目柄筒金、銀石目地 目貫兼ネジ式目釘、銀地透、家紋の図)入り。  



【コメント】
本作は寸法八寸六分強、『藤原□永』と銘がありますが、目釘穴が銘に掛かって 一字読めません。
湾れ調で上半は小互の目が連れ、刃縁小沸付いてやや沈み勝ち、刃中金筋、砂流し掛かるなど、刃沸の強い出来で、室町前期は下らない作と鑑せられます。地刃の雰囲気、銘振り等からして、筑後の大石左一派の作ではないでしょうか。
大石左一派は、室町初期、筑前末左一派の貞行が筑後大石の地(現福岡県久留米市大石町)に移住したのが始まりで、その門人とされる家永、良永、資(すけ)永三兄弟が有名です。一度鑑定に出すのも良いでしょう。
作風は、左文字末流だけに、相州伝風の乱れ刃もありますが、穏やかな直刃調、湾れ調の出来もあります。
現状サビ、地に鍛え肌等の目立つ箇所がありますが、幕末期の合口拵え入りで、金具は貝尽くし図など銀地の一作、小柄笄もピシッと入っています。












商品番号:O-296 短刀 藤原□永 拵え入り

価格: ¥418,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年12月号
(11
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ