刀 於大坂和泉守国貞作之
(おおさかにおいていずみのかみくにさだこれをつくる)


Katana:Osaka Izuminokami Kunisada



新刀・摂津 江戸前期 大業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書及び特別貴重刀剣認定書並びに藤代鑑定付き




刃長:71.3(二尺三寸五分強) 反り:1.7 元幅:3.09
先幅:1.86 元重ね:0.70 先重ね:0.44 穴2




鎬造り、鎬庵棟高め、中切っ先やや詰まる。 鍛え、小板目肌沈みに良く詰み、所々上品に肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に、小互の目、丁子風の刃、角張った刃、逆掛かった刃を交え、刃縁沸匂い深く明るく、地に細かな飛び焼き掛かる。 帽子、湾れ込んで焼き深く先小丸風に返る。 茎僅かに磨り上げ、先刃上がり栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨(ヒケ、小サビ、曇り有り)。
打ち刀拵え(近代作 全長103.5 柄長25.5 鞘 黒の呂鞘 こじり、鉄地無文 くり形、鉄地鋤出彫、龍図 鯉口、鉄石目地 下げ緒、紺と若草色 柄 鮫に黒革柄巻 縁頭、鉄石目地 目貫、銀地金色絵、鳥の図)入り。
変え拵え(幕末期 全長99 柄長25 鞘 黒石目 金具類、銀研磨地金色絵、無文 下げ緒赤黒 柄 黒塗鮫に黒革柄巻 縁頭、銀研磨地金色絵、無文 目貫、銀地容彫金色絵、龍図)付き。



【コメント】
和泉守国貞は、天正十八年、日向国生まれ、後に上洛して同郷の堀川国廣門下に入り、兄弟子の越後守国儔に学びました。慶長十九年の国廣没後、元和五年頃には同門の初代河内守国助と共に大坂へ移住、元和九年、『和泉守』を受領、晩年には入道して、道和と称したとも伝えています。国助と共に『大坂新刀の祖』と呼ばれ、井上真改の父であることから『親国貞』とも呼ばれます。慶安五年、六十三歳で没。
年紀作に見る活躍期は、元和七年から寛永二十一年まで、銘振りは、受領前は、『摂州住藤原国貞』、受領後は、『和泉守藤原国貞』銘が多く、稀に『於大坂和泉守国貞(作之)』銘も見ます。年紀作は僅少ですが、その銘振りによって大凡の年代が分かります。
本作は『於大坂』を添えた貴重な銘振り、年紀はありませんが、『和』の字の最終画を右から左へ向けて切るのは、寛永九年以降、銘字全体のしっかりとした鏨運びからしても寛永中頃、同工四十代半ば、壮年の最良期に当たります。
寸法二尺三寸五分強、切っ先やや詰まり気味、元先身幅の差が付いた姿は、寛文新刀と同様ですが、先反り深めに付いた点が異なります。これは寛永期にまま見られるスタイルで、寛永新刀とも呼ばれます。同時期、江戸の和泉守兼重等にも同様のスタイルが見られます。
直調の穏やかな大坂焼き出しから始まる焼き刃は、互の目乱れを主体に、小互の目、丁子風の刃、角張った刃、逆掛かった刃を交え、刃縁沸匂い深く明るく、地に細かな飛び焼き掛かるなど、親国典型の出来で、豪壮なスタイルではありませんが、地刃健やかです。
激生ぶ品で拵え入りの状態であったため、現状サビ、ヒケ、曇りがありますが、刀が良いので、ピシッと研いで白鞘を新調する価値はあります。外装は二つ付いています。
昭和三十七年の特別貴重刀剣認定書及び平成十年の藤代松雄先生の鑑定書付きで、この度、特別保存刀剣鑑定書が付きました。親国貞壮年期の自信作です。
















【売約済】商品番号:O-400 刀 於大坂和泉守国貞作之 特別保存刀剣鑑定書及び特別貴重刀剣認定書並びに藤代鑑定付き 拵え入り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年12月号
(11
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ