生ぶ太刀 国宗(備前三郎)
(くにむね)


Tachi:Kunimune



古刀・備前 鎌倉中期 最上作
特別保存刀剣鑑定書付き
薫山先生及び探山先生鞘書き有り




刃長:69.1(二尺二寸八分強) 反り:2.0 元幅:2.91
先幅:1.67 元重ね:0.64 先重ね:0.37 穴2




鎬造り、鎬庵棟低め、中切っ先。 鍛え、小板目良く詰み、所々板目、杢目を交えて肌立ち、地沸良く付き、地景入り、ほのかな乱れ映り立ち、地鉄良好。 刃文、やや角張る風の互の目丁子乱れを主体に、丁子、小丁子、小互の目を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付き、刃中丁子足、葉が繁く入り、僅かに金筋、砂流しが掛かって、焼き刃は総体的に白く潤む。 帽子、小乱れて先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銀に金着せ二重ハバキ(被せ部分は金無垢で結び雁金紋の陰刻有り)。 時代研磨。 白鞘入り。




【コメント】
国宗は、長船派とはその系統を異にする備前直宗派に属する刀工で、備前国新田庄和気に住したと云います。初祖直宗を祖父とし、その子国真の三男であったことから、『備前三郎』と称しました。
古伝によると、後に鎌倉幕府第五代執権、北条時頼の招聘によって鎌倉に移住し、一文字助真、粟田口国綱と共に、相州鍛冶の先駆者の一人となったと伝わり、新藤五国光の父または師とも云います。
活躍期は鎌倉中期、長船派の祖、長船光忠などとほぼ同時期で、国宝四口、重要文化財六口、重要美術品十八口を数える名工です。
造り込みは、身幅しっかりとした雄壮な姿から、やや細身の優しい姿まであり、小太刀も見られます。
その作域は広く、丁子刃主調の華やかな乱れを焼いたものと、直刃調の穏やかな刃文を焼いたものに大別されます。特に乱れ刃の作には、先天的に刃が潤むように白ける箇所がまま見られますが、これを古来より『備前三郎の白染み』と称し、同工の見所としています。
本作は大変貴重な生ぶ茎在銘の太刀、寸法二尺二寸八分強、踏ん張りのある優美な太刀姿には気品が溢れています。
小板目良く詰み、所々板目、杢目を交えて肌立つ地鉄は、ほのかな乱れ映り立ち、やや角張る風の互の目丁子乱れを主体とした焼き刃は、丁子、小丁子、小互の目を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付き、刃中丁子足、葉が繁く入り、僅かに金筋、砂流しが掛かって、焼き刃は総体的に白く潤んでいます。前述したように、これが同工の『白染み』です。
被せ部分が金無垢の二重ハバキには、結び雁金紋の陰刻が入っています。結び雁金紋と言えば、信長に仕えた猛将柴田勝家、六文銭でお馴染みの真田家の替紋としても有名です。
地に多少鍛え肌等もありますが、備前三郎国宗の生ぶ在銘太刀は初めて見ました。相州鍛冶の先駆者としても名高い名工の特徴が明示された鎌倉中期の美しい備前太刀です。

















【売約済】商品番号:O-401 生ぶ太刀 国宗(備前三郎) 特別保存刀剣鑑定書付き 薫山先生及び探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年12月号
(11
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ