刀 賀州住兼若造(初代)
(がしゅうじゅうかねわかつくる)


Katana:Gashuju Kanewaka



新刀・加賀 江戸初期 良業物 拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:68.2(二尺二寸五分) 反り:1.2 元幅:3.15
先幅:2.04 元重ね:0.72 先重ね:0.42 穴1




鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先。 鍛え、板目肌流れ心に肌立ち、地色黒み勝ち、地沸厚く付き、地鉄概ね良好。 刃文、小互の目乱れ主体に、湾れ、小乱れ、角張った刃を交えて、刃縁良く沸付いて匂い深く、刃中葉、互の目足入り、金筋、砂流し掛かり、一部沸裂け状となる。 帽子、湾れ込んで先小丸に返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢筋違い。 銅ハバキ(加州ハバキ)。 時代研磨(刃区に刃アタリ有り)。 白鞘入り。 
打ち刀拵え(昭和頃 全長97 柄長24 鞘 黒の呂塗り 下げ緒黒 しとどめ有 柄 親鮫に茶柄巻き 縁頭、赤銅魚子地高彫色絵 菊花に蝶図 目貫、金色絵這龍図 鍔 銘江府住正栄 鉄研磨地透、束ね熨斗図)付き。



【コメント】
加州初代兼若は、辻村甚六と言い、天正頃の美濃鍛冶で、大志津の末流と伝わっており、慶長十年(一六〇五)前後に加賀へ移り、加州兼若一派を興したとされています。同銘が五代に渡り、子に景平、越後守有平、又助兼若、相模守清平がおり、三男の又助は寛永五年に二代兼若を襲名、四男の清平は後に相模へ移り、八幡山住清平と銘じています。一派は加賀藩主前田家の手厚い保護、奨励の下、代々藩工を務めました。
初代の作風は、初期は互の目乱れを主体とした美濃伝が多く、鍛えも板目に流れ肌が絡んでザングリとした感じとなります。中期以降は互の目丁子、大乱れを交えた華やかな出来が多くなりますが、はっきりとした箱刃、逆丁子風の刃文が確立されるのは二代以降になります。稀に直刃、大湾れ、尖り風互の目もあります。造り込みは、慶長末年頃までは身幅広めで、反り浅く、切っ先の延びた豪壮な姿が多く、元和以降は反りも付いて、姿の優しいものも見られるようになります。
銘振りは、前半は『賀州住兼若造』、後半は『越中守藤原高平』が大半で、年紀作に見る活躍期は、慶長十二年二月(一六〇七)から寛永五年二月(一六二八)まで、同年に没したと伝わっています。高平への改銘時期に付いて、兼若銘の最終年紀は、元和五年九月(一六一九)、元和七年正月(一六二一)からは高平を名乗っていますので、この間に『越中守』を受領、高平へ改銘したことになります。
本作は初代兼若銘の稀少な現存作、茎も生ぶで穴一つ、寸法二尺二寸五分、反りやや浅めの身幅尋常なスタイルで、年紀はありませんが、元和初年頃の作と鑑せられます。
板目肌流れ心に肌立つ地鉄は、地色黒み勝ちとなり、小互の目乱れ主体に、湾れ、小乱れ、角張った刃を交えた焼き刃は、刃縁良く沸付いて匂い深く、刃中葉、互の目足入り、金筋、砂流し掛かり、一部沸裂け状となるなど、前述したように、その出自である美濃伝を良く示した同工前期の典型的な作風です。
地刃に鍛え肌等もありますが、この銘が貴重です。
これまで本誌でも高平銘の脇差しは数振り掲載致しましたが、兼若銘は初掲載、 古い昭和二十六年三月の登録証も、地元石川県登録『八八〇』号、加州ハバキが付いています。
初代は二代以降とは違って現存作が少なく、特に兼若銘はコレクション価値がすこぶる高いのでお見逃しのないようにお願い致します。














商品番号:O-414 刀 賀州住兼若造(初代) 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥1,680,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年12月号
(11
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ