剣 文珠(無銘)
(もんじゅ)


Ken:Monju(Mumei)



新刀・紀伊 江戸前期 拵え入り
保存刀剣鑑定書付き




刃長:17.4(五寸七分強) 反り:なし 元幅:1.28 元重ね:0.51



両鎬造り、鎬高い。 鍛え、柔らかな柾肌流れ、地沸厚く付き、地景入り、地鉄概ね良好。 刃文、直湾れ調で、小互の目、小乱れを交え、刃縁沸付き、やや沈み勝ちとなり、刃中金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で先掃き掛け焼き詰め風。 茎生ぶ。 時代研磨。 白鞘付き(鞘のみ)。
剣鞘(江戸期 全長33.5 鞘 焦げ茶の刻み鞘 吊り金具真鍮地)入り。



【コメント】
本作は寸法五寸七分の剣ですが、茎部分が異なり、円柱状で中間をくびれさせた持ち手になっています。表面に密教法具等に刻まれている文様と同じような彫が施されており、柄頭に真鍮の吊り鐶が付いています。
無銘で『文珠』と極まっています。地刃に鍛え肌もありますが、刀身は健全で、江戸前期を下らない作と鑑せられます。
文珠一派は、大和手掻派の流れを汲む分派鍛冶で、江戸期に入ると、南紀重国を棟梁として台頭、重国は同銘が幕末まで十一代に渡り、初代門人には、重定、重貞、重次などがいます。二代以降の重国、門人の大半は、『紀州住文珠□□』と『文珠』を姓の如く用います。同派の作風は、大和伝直刃と相伝風乱れ刃の二様に大別されます。
本作は直湾れ調の大和伝、スタイルが面白く、保存用の白鞘(鞘のみ)も付属しています。大珍品の文珠剣です。










商品番号:O-422 剣 文珠(無銘) 拵え入り 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥498,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年12月号
(11
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ