刀 越前為継(無銘)
(ためつぐ)


Katana:Tametsugu(Mumei)



古刀・越前 南北朝中期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:71.1(二尺三寸五分弱) 反り:1.0 元幅:3.16
先幅:2.29 元重ね:0.60 先重ね:0.48 穴4(内2埋)




鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 表裏共に二筋樋を茎途中で丸留める。 鍛え、板目に杢目、流れ心の肌合いを交えて肌立ち、地色黒みを帯び、地沸厚く付いて湯走り交じり、地景入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に、大互の目、小互の目を交え、総体的に焼きが高く、刃縁良く沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し頻りに掛かる。 帽子、湾れ調で焼き深く、良く沸付き先掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
為継は、所伝によると、郷義弘の子で、越中則重に師事したと伝えられる刀工です。また義弘、則重との関連性から、越中国の鍛冶であると思われ勝ちですが、実際に押し形として残されているのは、『越前国藤原為継』銘の作で、延文二年(一三五七)、応安二年(一三六九)の年紀が入っています。現存品としては、『濃州住藤原為継』銘の作などが僅かにあるのみで、その中に応安七年(一三七四)の作が残されていることにより、応安二年から同七年の間に美濃に移住したものと考えられています。大和から移住した志津兼氏、同じく越前から移住した金重と共に、美濃鍛冶の源流を成したとされる名工です。
作風は、地に黒みがある北陸物特有の地鉄に、板目に杢目を交えた則重風の鍛え、刃文は湾れ乱れ、互の目乱れ、直刃調に互の目、小互の目を交えるものなどがあり、刃沸強く、ほつれが掛かるなど、北陸風と美濃風が混在した地刃の出来が為継の特徴と言えます。
本作は寸法二尺三寸五分弱、反りやや浅めで身幅しっかりとした勇壮なスタイルは、南北朝中期の典型的な姿を示しています。
板目に杢目、流れ心の肌合いを交えて肌立つ地鉄は、地色黒みを帯び、地沸強く湯走り掛かって地景繁く入り、互の目乱れを主体に、大互の目、小互の目を交えた焼き刃は、総体的に焼きが高く、刃中金筋、砂流し頻りに掛かっています。
一部鎬に掛かる程華やかで烈しい地刃の出来、スタイル、共に為継の一作風を良く示した佳品で、細かな鍛え肌もありますが、焼き刃は元から先まで染みるような箇所は皆無です。
郷義弘、越中則重の鉄鍛えの技を美濃に伝えた越前為継 魅力的な逸品です。










【売約済】商品番号:O-423 刀 越前為継(無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年12月号
(11
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ