刀(志津三郎兼氏写し) (太刀銘)高羽誠
(たかばまこと)
昭和丁巳(五十二)年正月日(一九七七)


Katana:Takaba Makoto



現代・岐阜



刃長:68.8(二尺二寸七分) 反り:1.3 元幅:3.28
先幅:2.76 元重ね:0.68 先重ね:0.44 穴2




鎬造り、鎬庵丸棟高い、大切っ先鋭角となる。 表裏二筋樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、板目に細かな柾肌を交えて良く詰み、地景良く入り、地沸厚く付き、地鉄精良。 刃文、湾れ調で、刃縁良く沸付いて匂い深く締まり気味となり、刃中葉、小足、小互の目入る。 帽子、湾れ調で先やや地蔵風に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(刃中に目立つヒケ有り)。 白鞘入り。  



【コメント】
高羽誠は岐阜県関市出身、昭和三年生まれ、刀匠銘は『秀忠』と言い、『関住秀忠作之』などと切りますが、本名を切る場合も多く見られます。刀匠銘は、師である池田国忠、中田兼秀より一字ずつ譲り受けたものです。昭和四十年、第一回新作名刀展初出品以降、毎年連続入選を果たし、昭和四十四年には佐藤寒山先生の紹介で人間国宝宮入昭平にも学んでいます。同四十五年、地元に高羽鍛錬所を開設、子に高羽弘(弘宗)がいます。志津三郎兼氏、源清麿などに範を取った作風を得意としました。
本作は昭和五十二年、同工四十九歳頃の作、同工の真骨頂とも言える『志津三郎兼氏』写し、本歌はかの有名な重要文化財指定の在銘太刀です。
寸法二尺二寸七分、大切っ先鋭角となり、元先身幅の差が少ないスタイルは、南北朝盛期の豪壮な太刀姿を示しています。
板目に細かな柾肌を交えて良く詰んだ精良な地鉄、湾れ調の焼き刃は、刃中葉、小足、小互の目入るなど、寸法、姿、出来、樋の入れ方等々、本歌を忠実に再現しており、地刃も良く冴え、金着せの二重ハバキが付いています。
現代美濃関鍛冶、高羽誠による会心の大志津写しです。














【売約済】商品番号:O-469 刀(志津三郎兼氏写し) (太刀銘)高羽誠 昭和丁巳(五十二)年正月日(一九七七)

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年12月号
(11
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ