脇差し (刀身銘)阿州海部住氏次
(あしゅうかいふじゅううじつぐ)


Wakizashi:Bushu Shoumarutougeju Ozawa Masatoshi



古刀・阿波 室町末期 時代拵え付き



刃長:41.0(一尺三寸五分) 反り:0.7 元幅:2.97 元重ね:0.62 穴3



片切刃造り、丸棟尋常。 鍛え、沈み勝ちに小板目詰み、細かな柾肌、地景交じり、地沸良く付く。 刃文、切り刃側は、細直刃潤み勝ちに小沸付き、裏は、直刃湾れ調で小互の目、小乱れ交じりで、刃沸強く、金筋、砂流し掛かる。 帽子、焼き詰める。 茎磨り上げ、先切り、鑢筋違いにせん鋤掛かる。 銅二重風猪目透かしハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
時代脇差し拵え(全長・62、柄・15.3黒塗り鮫茶糸巻き 縁、銅地に赤銅地波図 頭、銀地兜図 鐺、朧銀地波図 栗形、銀地蛸図 さぐり金具、銀地龍図 目貫、赤銅地金色絵三鈷剣図 鐔、赤銅地木瓜形唐草図 小柄、赤銅地色絵象嵌 鞘、黒艶塗り 下げ緒、紺・卯の花)付き。  



【コメント】
阿波国海部一派は、海部太郎氏吉を流祖とし、時代を南北朝後期の康暦頃としていますが、現存作は見られず、実際に作を見るのは、室町期に入ってからで、一派には氏吉の他、泰吉、氏次、師久、氏吉、房吉らがいます。
海部川流域で採取される良質な砂鉄を使用した海部刀は、地刃の美しさのみならず、その凄まじい斬れ味から、『岩切り海部』などの号で呼ばれます。また同派の作風は幅広く、中には片切り刃造りの脇差しで、棟側がのこぎり状となった異風な作もあり、これらは阿波の水軍が工具として使用しました。
本作は片切り刃脇差しで、丸棟の造り込み、刀身鎬地に『阿州海部住氏次』と刻まれています。
室町末期永禄頃の作、研ぎ減り、鍛え肌等も見られますが、海部刀のイメージに合致する典型的な作で、ハバキも飲み込みの深い、特注の銅二重風猪目透かしハバキ、拵えも頭は兜、栗型は蛸、鐺は波濤図の取り合わせで非常に面白いです。
魅力ある拵え付属の海部刀、これはお薦めです。











【売約済】商品番号:O-480 脇差し (刀身銘)阿州海部住氏次 時代拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年12月号
(11
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ