刀 山城国了戒(生ぶ無銘)
(やましろのくにりょうかい)


Katana:YamashironokuniRyokai



古刀・山城 鎌倉末期
拵え付き
第二十八回重要刀剣指定品




刃長:71.0(二尺三寸四分強) 反り:1.6 元幅:2.98
先幅:1.81 元重ね:0.71 先重ね:0.45 穴2(内1埋)




 鎬造り、鎬高目庵棟低め、中切っ先。 鍛え、地沸を微塵に厚く敷いた小板目肌は、この上なく良く詰まって、無数の細かな地景を織り成し、所々流れ肌が強く現れる鍛えで、地鉄概ね精良。 刃文、細直刃調に小互の目、小湾れを交えた焼き刃は、刃縁の沸匂い深く、刃中柔らかな小足が入り、匂い口は明るく締まり気味となる。 帽子、湾れ調で大丸風となり僅かに返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢不明。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(僅かに小サビ、ヒケ有り)。 白鞘入り。
 打刀拵え(江戸期 全長105センチ 鞘 黒の笛巻き塗り鞘 柄 鮫に時代黒革巻き、縁頭赤銅地容彫金色絵唐草図 目貫、赤銅容彫金色絵桔梗の図 鍔 鉄地堅丸形毛彫金布目象嵌)付き。
 



【コメント】
 山城国了戒(生ぶ無銘)の重要刀剣太刀、鎌倉末期の来派を代表する名匠による会心作、優美で気品高い太刀姿、宮本武蔵の愛刀としても名高い、最上の斬れ味を誇る名品です。
 鎌倉中期から南北朝期の山城国に於いて、最も隆盛を極めたのが来一派で、事実上の祖である来国行を始め、国俊、光包、了戒、国光、国次らがその代表工であり、皆技量高く、数多くの名物が残されています。その中にあって了戒は、ただ一人入道銘を名乗る異色の刀工です。正嘉元年(一二五七年)生まれ、来国俊十七歳の時の子と云い、十六歳で出家したとも伝えられています。年紀作に見るその活躍期は、鎌倉末期の正応三年(一二九〇年)から延慶二年(一三〇九年)頃までとされ、姿、地刃の様子は、父来国俊に極めて近いものがありますが、小板目の肌合いに柾が交じり、白け風の映りが現れること、直刃調の焼き刃が白くうるみ勝ちとなるなどの特徴が見られます。中には地に柾目が強く現れ、刃にほつれや二重刃が繁く掛かるなど、一見大和物に見える作もあります。名古屋市熱田神宮所蔵、子である了久信との合作太刀、短刀の『名物秋田了戒』を含め、重要文化財五口、重要美術品三口を数える名工です。
 本作は生ぶ無銘の太刀、二尺三寸四分強、正に鎌倉末期の山城物らしく、優美で気品溢れる太刀姿です。地沸を微塵に厚く敷いた小板目肌は、この上なく良く詰まって、無数の細かな地景を織り成し、所々流れ肌が強く現れる鍛え、細直刃調に小互の目、小湾れを交えた焼き刃は、刃縁の沸匂い深く、刃中柔らかな小足が入り、匂い口は明るく締まり気味となっています。元より低い焼き刃ですが、刃が欠け出したり、染みるような箇所は皆無、元から先までしっかりと残っています。茎が荒れている点は残念ですが、それを差し引いても余りある、素晴らしい地刃の魅力があります。
 業物鍛冶としても名高い了戒ですが、剣豪宮本武蔵も、その斬れ味に魅了された一人、終生手放さなかった愛刀の一つに、了戒刀を挙げています。
 付属の外装は、黒の笛吹き塗り鞘で、柄は時代の黒革巻きと渋い逸品です。
 鎌倉末葉の来派を代表する了戒の生ぶ太刀、同工の作でこれ位良く鍛えられた地刃は見たことがありません。あの武蔵がその凄まじい斬れ味に度肝を抜かれた、健全で美しくしなやかな鎌倉太刀、見所満載の名品です。
















【売約済】商品番号:V-1669 刀 山城国了戒(生ぶ無銘) 第二十八回重要刀剣指定品 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ