太刀 (太刀銘)行包(福岡一文字)
(ゆきかね)


Tachi:Yukikane



古刀・備前 鎌倉中期
第四十九回重要刀剣指定品




刃長:72.5(二尺三寸九分強) 反り:1.7 元幅:3.11
先幅:1.88 元重ね:0.67 先重ね:0.41 穴2




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 鍛え、板目の詰んだ綺麗な地鉄に、板目が流れるように肌立った鍛えは、地色明るく、地沸が良く付いて、乱れ映り、筋状の映り立ち、地鉄良好。 刃文、小丁子に小互の目、小乱れを交えた焼き刃は、上品な小沸が付き、刃中小足、葉が良く入り、焼き頭が匂いで尖って地に抜け、飛び焼きが点続して、匂い口も潤むように明るい。 帽子、湾れ調で大丸風となり、僅かに返る。 茎磨り上げ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代最上研磨(切っ先にアタリ有り)。 白鞘入り。
 



【コメント】
 福岡一文字行包の在銘太刀重要刀剣、鎌倉中期を下らない在銘太刀で、この重量感を留めた作は希少、紛れもない同工代表作です。
 福岡一文字派は鎌倉初期に興り、同派事実上の祖である則宗を始め、延房、宗吉、助宗、行国、助成、助延、信房などが有名です。その初期に於いては、それ以前までの古備前派の作風を踏襲した、直小丁子刃主調の穏やかな作風を本位としました。同派の中でも、この時期の鍛冶を古一文字と呼びます。鎌倉中期になると、同派は最盛期を迎え、華麗で絢爛たる丁子乱れの作風を展開、この期を以て、後世まで最高芸術と評される一文字丁子の完成を見ることとなります。またこの期の代表工には助真、吉房、則房などが挙げられ、中でも助真は、後に相州鎌倉へ移住して、鎌倉鍛冶の開拓者になったと伝えており、『鎌倉一文字』の呼称があります。一文字一派は、後鳥羽上皇御番鍛冶を七名輩出した福岡一文字を筆頭に、以後南北朝に掛けて吉岡、片山、岩戸一文字派がそれぞれの地に栄えて、多数の名工を輩出しました。
 本作は福岡一文字行包の在銘太刀、寸法二尺三寸九分強、下が生ぶ穴で、二寸程磨り上がっていますので、元来は二尺六寸程の太刀となります。
 行包は同派にあって、前述した信房の系統に属します。信房の子が信正、信包兄弟で、本工は信包の子に当たります。活躍期は、鎌倉中期の建長(一二四九~五六年)頃、在銘品として残っているものはほとんどありません。
 本作は磨り上げながら、腰元に反りの中心を据えており、カチッとした力感溢れる、鎌倉期の太刀姿を示しており、刀にしっかりとした重みがあります。小板目の詰んだ綺麗な地鉄に、板目が流れるように肌立った鍛えは、地色明るく、地沸が良く付いて、乱れ映りが判然と立ち、所々筋状の映りと相俟って、見事な景色を見せています。小丁子に小互の目、小乱れを交えた焼き刃は、物打ち、ハバキ上付近は穏やかですが、中程は比較的華やかに乱れており、上品な小沸が付き、刃中小足、葉が良く入り、焼き頭が匂いで尖って地に抜け、飛び焼きが点続して、匂い口も潤むように明るいなど、刃の微妙な変化にも深みあって、大変見応えがあります。 
 鎌倉中期の在銘品でありながら、研ぎ減りは最低限、茎の状態も良く、銘字鮮明であることは、同工並びに同派の研究に資する所も大きいかと思います。
 福岡一文字行包、同派最盛期に於ける在銘太刀、鎌倉中期の在銘品で、これぐらい地刃のしっかりとした作は、滅多にお目に掛かりません。流石は備前鍛冶の名門、醸し出す風格が違います、これは名刀です。 
















商品番号:V-1673 太刀 (太刀銘)行包(福岡一文字) 第四十九回重要刀剣指定品

価格: ¥8,500,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ