刀 備前国長船長光(無銘)
(びぜんのくにおさふねながみつ)


Katana:Bizennokuni Osafune Nagamitsu



古刀・備前 鎌倉後期 拵え付き
最上作
第十九回重要刀剣指定品

本阿弥光遜先生鞘書き付き




刃長:71.2(二尺三寸四分半) 反り:1.8 元幅:2.83
先幅:1.76 元重ね:0.63 先重ね:0.40 穴2(内1埋)




 鎬造り、鎬やや高く庵棟尋常、中切っ先やや詰まる。 鍛え、板目に杢目の交じる鍛えは、地沸微塵に厚く付いて、細かな地景を配し、所々肌立ちながら総体的に良く詰み、平地には鮮明な乱れ映り立ち、地鉄良好。 刃文、直湾れ調に刃中丁字足、葉が間断なく入り、沸匂い深く、所々煌びやかな金筋を配し、匂い口冴えて明るい。 帽子、帽子も湾れ込んで、横手上で乱れが緩み浅く返る、典型的な『三作帽子』となる。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せ太刀ハバキ。 研磨済み。 白鞘入り。
 上打刀拵え(江戸後期 全長98センチ 鞘 黒の呂塗りに桐、桜の金高蒔絵(銘羊遊斎)小柄、赤銅魚子地据紋象嵌色絵、桐紋図(銘吉岡因幡介)小刀は竹、笄赤銅魚子地据紋象嵌金色絵、下げ緒鶯色 柄 親鮫に黒柄巻き、縁頭、赤銅魚子地据え紋象嵌金色絵、桐紋図、目貫、赤銅容彫金銀色絵桜の図 鍔 赤銅魚子地据え紋象嵌金色絵、桐に蔓草図 切羽、素銅に金着せ)付き。



【コメント】
 備前国長船長光(無銘)の重要刀剣、乱れ映り鮮明に立つ最上の鍛えに、美しい直丁字を焼いた優品、超一級の蒔絵外装が付属した名品です。
 長光は備前長船鍛冶の祖である光忠の子で、父の後を継ぎ、父が築いた長船派の礎を盤石なものとした名工です。名物『大般若長光』、『津田遠江長光』『熊野三所権現長光』など国宝六口、重要文化財二十八口、重要美術品四十口、計七十四口もの国指定品が現存しており、その他にも数々の名物、名作を残しています。この数は全刀工中最多であり、名実共に最高峰に位置する鍛冶です。活躍時期は、鎌倉中期から後期まで、年紀作に限って言うと、弘安(一二七八~八八年)から、正応(一二八八~九三年)、永仁(一二九三~九九年)、正安(一二九九~一三〇二年)、嘉元(一三〇二~〇六年)までの作が現存していますが、実際は年紀のないもので、文永(一二六四~七五年)よりも時代の上がる作があります。また年紀があるのは、『備前国長船住長光』、『備前国長船住長光作』、『備前国長船住左近将監長光造』などと、長銘に切る場合に限られ、前述の名物も然り、二字銘に年紀作はありません。作風は正応頃までの前期作と、それ以降の後期作に大別され、前期は前述した『大般若長光』『津田遠江長光』に見られるような、光忠風を継承した華やかな丁字乱れを焼きます。後期は匂い口の締まった直刃に、小足や丁字足を交える穏やかな作、長光の弟と伝わり、協力者でもあった真長や、子の景光に近い作風へ移行していきます。この変化をもたらした、大きな要因の一つに挙げられるのが、文永の役(一二七四年)、弘安の役(一二八一年)と呼ばれた元寇(蒙古襲来)です。この元寇を経て、折れに対する配慮から、このような作風が生まれたとされます。
 本作は、直湾れ調の刃取りに、刃中丁字足、葉が間断なく入り、沸匂い深く、所々煌びやかな金筋を配した、見事な直丁字を焼いています。板目に杢目の交じる最上の備前鍛えは、地沸微塵に厚く付いて、細かな地景を配し、所々肌立ちながら、総体的に良く詰んでいます。平地には鮮明な乱れ映り立ち、帽子も湾れ込んで、横手上で乱れが緩み浅く返る、典型的な『三作帽子』を示しています。本作は、後期晩年作程、刃が穏やかではなく、刃中が賑やかに小乱れていることからも、それまでの華やかな出来から、直刃調の作風へ移行する過渡期、正応頃の作と鑑せられます。大磨り上げながら、鎌倉後期に於ける、何とも優美な太刀姿を未だ留めており、古来よりこれを『長光姿』と呼び、後代長船鍛冶の手本となっています。
昭和二十八年、本阿弥光遜先生による、『八千貫』の代付けが成されています。江戸末期で、一貫約一万円としても、単純計算で八千万円、やや大盤振る舞いではありますが、本刀にはそれ程の価値があるという見立てです。
 付属する外装が素晴らしい作で、鞘に施された桜に桐紋の金高蒔絵は、原羊遊斎(はらようゆうさい)の手によるものです。羊遊斎は江戸後期の神田に住した蒔絵師で、印籠、根付けなどの名品が残されており、特に絵師酒井抱一(ほういつ)の描く、尾形光琳風の下絵に蒔絵を施すのを得意とした名人です。
本作も全面を蒔絵で埋め尽くすことはせず、黒の余白を活かした絶妙な蒔絵の配置によって、刹那に舞い散る桜の花弁を見事に表現しています。桐紋を据えた立派な赤銅魚子地金具を使用して見事に誂えたあり、鐔だけで三十二の桐紋を散らしてあります。
 長光が血気盛んな鎌倉武士の要求に応えるかのように、全身全霊を注いで生み出した強靱で美しい地刃をご覧下さい。内外共に超一級品、不朽の名刀です。




















商品番号:V-1691 刀 備前国長船長光(無銘) 第十九回重要刀剣指定品 本阿弥光遜先生鞘書き付き 拵え付き

価格: ¥7,800,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年11月号
(10
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ