刀 無銘(伝来国光)
(らいくにみつ)


Katana:Mumei(Raikunimitsu)



古刀・山城 鎌倉最末期
最上作
特別保存刀剣鑑定書付き
薫山先生鞘書き有り
『鑑刀日々抄』所載品




刃長:66.2(二尺一寸九分弱) 反り:1.6 元幅:3.22
先幅:2.21 元幅:0.79 先幅:0.49 穴2




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 鍛え、小板目肌がやや沈み勝ちに整った地鉄は、流れる様な肌を交えて所々肌立ち、細かな地沸、地景を配して、沸映りが立ち、地鉄概ね精良。 刃文、直湾れ調の刃文は、刃縁に美しい小沸が万遍なく付き、刃中小互の目足、葉が頻りに入り、匂い口も潤むように明るい。 帽子、直調で先小丸に返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 山城国来国光作、古刀とは思い難い重量感、地刃驚く程健全な一振り、『鑑刀日々抄』所載品です。
 国光は国俊の子と伝わり、来一門の正系を継ぎ、現存する年紀作に見る活躍期は、鎌倉末期の嘉暦元年から、南北朝中期の観応二年に掛けて活躍した同派筆頭鍛冶です。同工には国宝三口を始めとして、重要文化財十九口、重要美術品二十三口が存在し、その数は来国俊と並んで、同派中突出しており、名実共に同派の最高峰です。また同工はその活躍時期が、鎌倉末期から南北朝中期であるため、現存品の太刀、短刀を見ても、寸法、造り込み、身幅など、広狭長短様々で、作風に付いても、直刃のみならず、直刃調に足入りのもの、直刃調に小互の目、小丁字、小乱れを盛んに交えるもの、互の目、小湾れが大模様に乱れたものなど多彩を極めており、大変器用な刀匠であったことが知られています。在銘品は太刀より短刀が多く、『有楽来国光(国宝)』、『塩川来国光(重要文化財)』、『池田来国光(重要文化財)』など名物も多数あり、どれも『享保名物帳』に所載されている天下の名品です。そのどれもが嘉暦から元徳頃の作であることから、同工に取っては、鎌倉最末期が最良の時期であったことが分かります。
 本作は大磨り上げ無銘ながら、『伝来国光』と極められた一振り、寸法二尺一寸九分弱ですが、鎬高めで重ねがガシッと厚い造り込みで、身幅もしっかりとして、気品を備えながらも強みが増してくる刀姿は、鎌倉最末期の典型的な姿を示しています。
 小板目肌がやや沈み勝ちに整った地鉄は、深みのある青黒い肌合いで、流れる様な肌を交えて所々肌立ち、細かな地沸、地景を配して、沸映りが立っています。直湾れ調の刃文は、刃縁に美しい小沸が万遍なく付き、刃中小互の目足、葉が頻りに入り、匂い口も潤むように明るいなど、地刃は来派の作域を存分に示しています。
 本作は薫山先生鞘書きと共に、『鑑刀日々抄』に所載されており、その中で、『余りに地刃健全で整っているために、新刀説があるとも聞くが、私見ではその疑いはなく、様式論的に来国光の作と見たい。』といった内容の解説が付されています。
 確かに地刃が驚く程健やかであるため、一見新刀でなはいかと思いますが、本作のような鎌倉末期から南北朝初期の強靱な造り込みに、古調な直刃を焼いた迫力みなぎる作風、地刃の雰囲気などからしても、来国光に間違いなく、また新刀では、この作域に該当するものが見当たりません。
 古くから刀剣識者の間で論じられる、来国俊、国光父子の比較論では、『国俊は格調に於いて国光に勝り、国光は覇気に於いて国俊に勝る。』などと言われますが、本作も正に覇気溢れる来国光の会心作と言えるでしょう。
 寸法は全く気になりません、是非とも更なる高みを目指して頂きたい楽しみな一振りです。
















【売約済】商品番号:V-1696 刀 無銘(伝来国光) 特別保存刀剣鑑定書付き 薫山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ