刀 備前国長船兼長(無銘)
(びぜんのくにおさふねかねなが)


Katana:Bizennokuni Osafune Kanenaga



古刀・備前 南北朝中期
第四十一回重要刀剣指定品




刃長:70.1(二尺三寸六一分強) 反り:0.9 元幅2.92
先幅:2.16 元重ね:0.75 先重ね:0.55 穴:1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先やや延び心。 表裏に棒樋を掻き通す。 鍛え、大板目に杢目を交えた地鉄は、地沸を厚く付け、地景をふんだんに配して上品肌立ち、所々大模様にうねって良く錬られ地鉄精良。 刃文、互の目乱れ主体とした焼き刃は、丁子、湾れ、尖り風の刃を交えて烈しく沸付き、地の働きが刃に作用して、刃中煌めくような金筋、砂流しが間断なく走り、匂い口明るく冴える。 帽子、乱れ込んで表は丸く、裏は尖り風で先端に島刃を焼き、共に掃き掛け返る。茎、大磨り上げ、先浅い栗尻、鑢目切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 長船兼長(無銘)の重要刀剣、南北朝期相伝備前鍛冶代表工、師長義に勝るとも劣らない烈しい地刃の出来を堪能示した同工会心作です。
 兼長は、正宗十哲長船長義の門と伝えられ、南北朝期の備前長船鍛冶でありながら、地刃の沸が烈しい作風から、兼光、長義、義景、盛景らと共に、相伝備前鍛冶の筆頭としてその名が挙がる一人で、重要美術品に無銘刀三口、短刀一口を数える名工です。
 在銘品は僅少、太刀は皆無で、脇差し、短刀に限られています。 
 作風は、特に無銘極めの場合、雄壮な南北朝スタイルに、長義風の互の目乱れを焼きながら、それ以上に沸が強く、刃中が良く働くもの、丁子風の刃が交じるもの、やや乱れが大模様なものなど、より一層相州伝が強調された作を多く見ます。
 年紀作に見る活躍期は、南北朝中期から末期まで、地刃の出来が華やかで烈しい南北朝盛期の相伝備前鍛冶であるため、兼光、長義に比肩する程の人気があります。
 本作は大磨り上げ無銘ながら、寸法二尺三寸一分強、切っ先やや延び心で、反り浅め、決して豪壮無比な姿ではなく、樋も茎先まで通っていますが、手持ちは想像以上にズシッときますので、一度手に取って頂ければ、如何に刀が健全でしっかりしているかが分かります。  
 大板目に杢目を交えた地鉄は、地沸を厚く付け、地景をふんだんに配して上品肌立ち、所々大模様にうねって良く錬られた感があり、互の目乱れ主体とした焼き刃は、丁子、湾れ、尖り風の刃を交えて烈しく沸付き、地の働きが刃に作用して、刃中煌めくような金筋、砂流しが間断なく走り、匂い口も明るく冴えています。
 所々互の目が二つずつ山形に連れるのは、長義一派の特色、加えて地刃の沸が一際強く、地の地景、刃の金筋、砂流しがより強調されている点に兼長らしさが良く示された傑作です。
 流石は南北朝、戦国期の戦乱をかいくぐった太刀だけに、棟から鎬地に掛けてズバッと受け疵が残されています。
 地刃健全で保存状態も抜群、相伝備前鍛冶の美点を存分に示した、素晴らしい長船兼長です。














商品番号:V-1712 刀 備前国長船兼長(無銘) 第四十一回重要刀剣指定品

価格: ¥4,500,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ