刀 無銘(伝則重)
(でんのりしげ)


Katana:Mumei (Den Norishige)



古刀・越中 鎌倉末期 最上作
第三十四回重要刀剣指定品
元禄元年本阿弥光常折紙付き

探山先生鞘書き有り




刃長:75.9(二尺五寸強) 反り:1.8 元幅:3.05
先幅:2.65 元重ね:0.82 先重ね:0.50 穴2




 鎬造り、鎬高く庵棟低め、大切っ先。 表裏腰元に細い棒樋をハバキ下で角留めにする。 鍛え、大板目に杢目、波状の流れ肌が肌立つ鍛えは、地色にやや黒みがあり、所々大模様にうねるような肌合いが刃中に絡んで烈しい金筋、砂流しを形成、地沸を厚く付け、随所に太い地景が入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ調の焼き刃は、小互の目、小乱れ、湾れを交えて、刃沸すこぶる強く、刃中金筋、砂流し掛かり、匂い口明るく冴える。 帽子、乱れ込んで烈しく沸付き、特に裏は焼き深く、一枚となって先掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 『正宗十哲』、越中則重の重要刀剣、二尺五寸強で大切っ先、鍛えに『松皮肌』、地刃には千変万化の沸の働きを示した傑作、最高権威と評される、本阿弥光常の『元禄折紙』が附帯した名品です。
 則重は五郎次郎と称し、佐伯姓を名乗り、鎌倉末期、越中国婦負郡(ねいぐん)御服(現富山市五福付近)にて鍛刀したと伝わります。古来より正宗十哲(現在では正宗、則重両名とも新藤五国光門人とされる)にもその名を連ねる、名工中の名工です。
 在銘太刀は極々僅か、短刀の多い刀工でもあり、国宝の短刀一口を始め、重要文化財八口、重要美術品十一口の指定品がありますが、その六割が短刀です。
 作風は、正宗に近似しますが、沸の変化に於いては、正宗以上に示したものが多く、特に太い地景の交じる大板目肌が、渦巻き状に肌立つ鍛えは『松皮肌』と称され、同工の代名詞にもなっています。これらの鍛えが刃縁、刃中に絡んで様々な働きを見せるのも大きな特色、刃文も直調に湾れ、互の目、互の目乱れなど様々で、刃中の太い互の目足、沸崩れ、砂流し、金筋など、沸の働きが豊富で、たとえ無銘であっても、他に紛れることがありません。
 数少ない年紀作に見る活躍期は、延慶(一三〇八~一一年)から正中(一三二四~二六年)頃までとなっています。
 本作は大磨り上げ無銘ながら寸法二尺五寸強、大切っ先で元先身幅の差がない雄壮な造り込み、長尺で力強いスタイルに加えて、地刃健やかで手持ちがズシッとくるこの重量感、大変立派な一振りです。
 鎬が高く、鎬地の肉を落としたスタイルは、一見薙刀直しにも見えますが、図譜にも『刀』と記載していますので、元々こういうスタイルの長尺刀であったことが分かります。
 大板目に杢目、波状の流れ肌が肌立つ鍛えは、地色にやや黒みがあり、所々大模様にうねるような肌合いが、刃中に絡んで烈しい金筋、砂流しを形成し、随所に太い地景が入るなど、同工特有の『松皮肌』を呈しています。
 互の目乱れ調の焼き刃は、小互の目、小乱れ、湾れを交えて刃沸すこぶる強く、 刃中はほぼ金筋、砂流しのみで形成されており、物打ち付近から横手に掛けて焼きが深く烈しくなり、そのまま帽子に乱れ込み、裏はほぼ一枚に焼き込んでいます。
 地刃には相州伝上工にしか見られない見事な沸の変化、輝きが見られ、更に最上の研ぎによって地刃が冴え渡っています。
 本刀には、図譜にも記載があるように、元禄元年、十二代本阿弥光常による則重極めの折紙が附帯しており、代金三十枚の代付けが成されています。
 本阿弥光常は、本阿弥本家十二代当主で、十一代光温の孫に当たります。折紙は寛文七年(一六六七年)~元禄九年(一六九六年)まで残されており、宝永七年(一七一〇年)、六十八歳没。
 本阿弥本家の折紙でも、十三代光忠までのものは、鑑定が厳格で信用が置けるため、『古折紙』又は『上折紙』と呼ばれ珍重されます。更にその中で十二代光常、十三代光忠による元禄期のものは、『元禄折紙』と呼ばれ、最高権威とも言われています。
 代金三十枚の代付けは、当時の大判一枚が百万円としても、三千万円ということになります。当時の則重の代付け相場が、代金二十五枚とも云われていますので、それを上回る素晴らしい評価と言えるでしょう。
 この寸法、出来、健全さに加えて、光常の『元禄折紙』が付属となれば、もう言うことはありません。
 話によると、本刀は飯村嘉章先生の所持刀であり、後に図譜の所持者欄にも名前があるように、福士繁雄先生の所持刀でもあった一振りです。福士先生は、言わずと知れた刀装具研究の権威、『刀装具鑑賞画題事典』等の著者として有名で、日本美術刀剣保存協会監事、『刀剣美術』編集委員も務めています。
 ここまで長寸で健全、且つ覇気溢れる則重は今後中々お目に掛かることはないでしょう。
 千変万化と評される、同工特有の沸の働きを存分にお楽しみ頂ける素晴らしい一振りです。











 










【売約済】商品番号:V-1743 刀 無銘(伝則重) 第三十四回重要刀剣指定品 元禄元年本阿弥光常折紙付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年6月号
(5
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ