刀 無銘(伝相州行光)
(でんそうしゅうゆきみつ)


Katana:Mumei(Den Sosyu Yukimitsu)



古刀・相模 最上作 鎌倉後期
第三十五回重要刀剣指定品
薫山先生並びに探山先生鞘書き有り




刃長:70.7(二尺三寸三分強) 反り:1.7 元幅:3.09
先幅:2.08 元重ね:0.63 先重ね:0.45 穴2




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先延びる。 表裏棒樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、小板目良く詰んで潤い、杢目、流れ肌を僅かに交え、地景繁く入り、地沸微塵に厚く付き、地鉄精良。 刃文、直湾れ調で、刃縁美しい小沸付き、刃中随所に柔らかな小互の目足入り、匂い口明るく冴える。 帽子、直調で大丸風となり、先掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢勝手下がり。 胴に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 相州行光(無銘)の重要刀剣、相州伝最上工ならではの地刃の沸の煌めき、同工の典型作、且つ代表作と成り得る名品です。
 行光は、藤三郎と称し、新藤五国光の高弟、同門の弟弟子に当たる正宗、則重らと共に、師が創始した相州伝を更に発展させ完成へと導いた立役者です。
 鎌倉末期の刀工で、在銘品は短刀に限られ、且つ二字銘のみ、御物一口、国宝一口、重要文化財八口、重要美術品六口を数える名工です。
 また行光は作域が広いことでも有名、特に無銘極めの作には、師譲りの直刃に加え、正宗、則重、来国次を思わせる乱れ刃、中には皆焼まであります。これは行光が粟田口派出身の師より学んだ技を踏襲しながらも、相州伝という新たな作風の可能性を模作した結果であると考えられます。何れにしても行光と極められた作に共通することは、地刃が良く沸付き、地景、金筋、湯走りなど煌めくような沸の働きが顕著な相州伝の優れた作であることに変わりありません。
 本作は寸法二尺三寸三分、切っ先僅かに延び心で反り美しく、身幅のしっかりとした鎌倉末葉の力強い刀姿を示しています。
 小板目が良く詰んで潤った精良な地鉄には、細美な沸粒が平地全面に敷き詰められ、杢目、流れ肌を僅かに交え、細かな地景が繁く入るなど、梨子地肌を思わせる極上の鍛えを示しています。
 湾れ調の穏やかな焼き刃は、刃縁に煌めくような美しい小沸が万遍なく付き、刃中随所に柔らかな小互の目足入り、匂い口も明るく冴えています。
 この地刃の働きは相州伝最上工ならでは、一見して分かる鉄質の良さ、鍛錬の良さ、刃沸の煌めきに目を奪われてしまう素晴らしい逸品です。
 本作は行光が新藤五国光の門人であること、相州伝過渡期の刀工であることを確信する出来映えであり、また同工なくして相州伝の発展はなかったと思われます。
 探山先生鞘書きにも、『本作は、濃密温潤なる肌合いに、地刃の沸付き見事で明るく冴えるなど、相州上工の美点を表しており、同工の所伝は妥当なる優品也。』とあります。
 寸法充分、格調高き刀姿を示した典型作、これは凄い行光です。







 






商品番号:V-1777 刀 無銘(伝相州行光) 第三十五回重要刀剣指定品 薫山先生並びに探山先生鞘書き有り

価格: ¥6,980,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ