刀 備中国青江(無銘)
(びっちゅうのくにあおえ)


Katana:Biccyunokuni Aoe(Mumei)



古刀・備中 鎌倉最末期~南北朝初期
第六十二回重要刀剣指定品




刃長:68.4(二尺二寸六分弱) 反り:2.1 元幅:3.24
先幅:2.25 元重ね:0.85 先重ね:0.57 穴2(内1埋)




 鎬造り、鎬高く庵棟低め。 鍛え、板目肌が流れ心で杢目を交えて上品に肌立ち、地景入り、地沸厚く付き、地斑映り立ち、地鉄概ね精良。 刃文、湾れ乱れ調で互の目、小互の目、丁子心の刃を交え、刃縁の沸匂い深く、所々沸すこぶる厚く付き、飛び焼き風の刃、腰元には二重刃風の沸筋掛かり、匂い口明るい。 帽子、直調で先掃き掛け太い沸筋掛かる。 茎大磨り上げ、先栗尻、鑢浅い勝手下がり。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 青江(無銘)の重要刀剣、鎌倉最末期から南北朝初期に於ける、同派の特徴を顕示した名品、力感溢れる強靱な一振りです。
 備中国は、筑後国や伯耆国と並んで古くから製鉄が盛んであったため、刀工の存在も平安末期頃から見受けられます。この地で室町期まで大いに栄えたのが青江派で、平安末期から鎌倉中期頃までの作を『古青江』、それ以降南北朝末期までの作を『青江』と大別しており、『古青江』では守次、恒次、貞次、俊次、次忠、助次、『青江』では次直、次吉、吉次、直次らが代表工として挙げられます。
 作風は、時代と共に変遷が見られ、『古青江』は、刃沸強く、匂い口やや沈み勝ちの直刃に小乱れを交えた出来を主体としており、同時代の古備前に近い雰囲気があります。『青江』でも、最初は沸付きがやや穏やかになる程度で、南北朝初期頃になって、ようやく刃縁が締まって明るく冴えた匂い勝ちの直刃が見られるようになり、南北朝中期になると、逆足入る直刃、逆丁子乱れも見られるようになります。
 鍛えには、チリチリと杢目立った縮緬肌、周りと比べて黒く澄んだ肌合いの澄み鉄、段映り、地斑映り、筋映りなど、特徴ある働きが見られ、同時代の長船元重や雲類に近いものもありますが、肌質は同派特有のものがあります。
 帽子は、突き上げ気味に湾れ込んで先尖り心に返るものが多く見られますが、中には重要美術品『名物にっかり青江』の如く、焼き深くほとんど一枚となって小丸に長く返るものもあります。
 本作は寸法二尺二寸六分弱、鎬高くガシッとした重量感のある一振り、大切っ先ではなく、反りやや深めに付いた姿、地刃の出来からして、図譜にもあるように、鎌倉最末期から南北朝最初期の作であることが分かります。
 板目、杢目が良く鍛えられて上品な肌立ちを見せる地鉄は、映りが判然と立ち、所々断続的な地斑映りも交えています。
 湾れ乱れ調で互の目、小互の目、丁子心の刃を交えた焼き刃は、刃縁の沸匂い深く、所々沸がすこぶる厚く付き、飛び焼き風の刃、腰元には二重刃風の沸筋掛かるなど、前述した区分で言う『古青江』から『青江』へ移行していく過渡期の作風であることが良く示された優品です。
 同派特有とも言える地刃の変化は大変見応えがあり、刃も明るく健全で、刀の重み、茎の仕立て、姿も良いです。何とも素晴らしい青江です。







 






商品番号:V-1786 刀 備中国青江(無銘) 第六十二回重要刀剣指定品 

価格: ¥3,972,222 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ