刀 対馬入道常光
(つしまにゅうどうつねみつ)


Katana:Tsushimanyudo Tsunemitsu



新刀・武蔵 江戸前期
良業物
第三十四回重要刀剣指定品
探山先生鞘書き有り




刃長:71.9(二尺三寸七分強) 反り:1.2 元幅:3.25
先幅:2.23 元重ね:0.79 先重ね:0.56 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 鍛え、上品な肌立ち見せる板目肌は、細かな地景が良く働き、乱れ映り鮮明に立ち、地沸厚く付き、地鉄精良。 刃文、丁子乱れを主体とし、重花丁子、互の目を交え、刃縁匂い深く、刃中葉、丁子足が頻りに入り、匂い口明るく締まって冴える。 帽子、湾れ調で先僅かに掃き掛け小丸に返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 対馬入道常光の重要刀剣、華やかな重花丁子乱れ、鮮明な乱れ映り、江戸石堂派筆頭鍛冶の最高傑作です。
 常光は、日置市之丞と言い、寛永三年、近江国蒲生郡に生まれました。近江石堂派の出身で、武蔵大掾是一、出羽守光平、越前守宗弘らと共に初め京へ上り、後に江戸へ出て、江戸石堂派を興した代表鍛冶です。始め対馬掾、のちに対馬守を受領、晩年は入道して、知休と銘じています。
 作風は、一貫して古作一文字を狙った華やかな丁子刃を焼き、地には乱れ映りが判然と現れるなど、茎を見なければ本歌と見紛う程の作もあるため、磨り上げ無銘にされて一文字として紛れるものも多数あると云います。
 作品は、慶安(一六四八~五二年)の初め頃から元禄(一六八八~一七〇四年)まで残されています。 本作には年紀がありませんが、銘振りなどからして万治、寛文頃の作と鑑せられます。
 上品な肌立ち見せる板目肌は、細かな地景が良く働き、乱れ映りが鮮明に立つ素晴らしい鍛えで、丁子乱れを主体とした焼き刃は、重花丁子、互の目を交えて鎬に掛かる程華やかで、刃縁匂い深く、刃中葉、丁子足が頻りに入り、匂い口は明るく締まって冴えています。
 同工の作でここまで出来、状態の優れたものを見たことがなく、映りも見事で一見本歌と見間違えます。流石は新刀重要、欠点が見当たりません。 
 図譜には、『常光の特色が良く示された典型作であり、新刀でありながら、古作一文字を彷彿とさせる同作中の優品。』、探山先生鞘書きには、『常より一段と幅広で頑健な姿を示しており、その華やかな丁子刃は、同工のみならず、一類中の精華と称すべき哉。』とあります。
 これまで同工の重要指定品の数は、両手で足りる程しかありませんが、本作は同工の最高傑作であることは勿論、石堂派を代表する名品と言っても過言ではありません。それぐらい突出した出来映えを示しています。
 古い登録証、昭和二十六年三月の東京登録、とにかく素晴らしい常光、強くお薦め致します。







 










商品番号:V-1788 刀 対馬入道常光 第三十四回重要刀剣指定品 探山先生鞘書き有り

価格: ¥4,600,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ