短刀 兼定(和泉守・之定)
(かねさだ)


Tanto:Kanesada



古刀・美濃 室町後期
最上作 最上大業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:25.0(八寸三分弱) 反り:僅かに内反り 元幅:2.37 元重ね:0.61 穴1



 平造り、三ッ棟低め。 鍛え、地沸が厚く付いた綺麗な板目肌は、地色明るく、流れ心に上品に肌立ち、細かな地景を配し、白け映り判然と現れ、地鉄精良。 刃文、匂い勝ちな細直刃調、刃中繊細な小足、葉繁く入り、匂い口明るく締まり、刃区から水影が立つ。 帽子、直調で先やや大丸風に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢鷹の羽。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 合口拵え(現代作 鞘 黒の呂鞘 割り笄 柄 出し鮫に黒塗り 縁頭角黒塗り 目貫、赤銅容彫、僅かに色絵、雨龍図)付き。



【コメント】
 最上作にして最上大業物、和泉守兼定(之定)の来写し短刀典型作、美濃関鍛冶の最高峰による美しい直刃の名品です。
 和泉守兼定は、孫六兼元と並ぶ美濃鍛冶筆頭で、共に最上作にして最上大業物、『定』の字のウ冠の中を『之』と切ることから『ノサダ』の呼称があります。年紀作に見る作刀期間は、明応二年(一四九三年)から大永六年(一五二六年)まで、天文(一五三二~五五年)初年頃に没したと云います。
 作風は、頭の丸い互の目、互の目丁子刃が主体で、湾れ、矢筈刃、箱刃、尖り刃が交じり、刃縁匂い勝ちで柔らかく締まった作が多く、短刀には、『来写し』と呼ばれる綺麗な直刃も見られます。鍛えは、良く練られた柾目交じりの板目肌が主体で、その鍛えの良さは、関鍛冶中第一位との定評があります。長大な作はほとんど見られず、やや寸の詰まった打刀が大半を占めています。彫り物は、簡素な棒樋や護摩箸程度で、濃厚な意匠の彫りは皆無です。
 銘振りは、最初『濃州関住兼定作(造)』と切り、明応十年(一五〇一年)頃までは、『定』の字を楷書で切ります。それ以降『之定』銘となり、永正七年(一五一〇年)頃に『和泉守』を受領、以降『和泉守(藤原)兼定(作)』と切ります。二字銘も稀に見られますが短刀に多く、年紀作は僅少です。
 鑢目は刀、脇差しは鷹の羽、短刀は檜垣、茎尻は栗尻ですが、後期晩年作になると、鑢目は全て筋違い、茎尻は尖って入山、剣形風となります。
 本作は寸法八寸三分弱、僅かに内反りの三ッ棟短刀、いわゆる『来写し』の美しい直刃の優品です。
 二字銘ですが、探山先生の鞘書きに『濃州和泉守兼定』とあるように、一見して之定と分かる特徴的な銘振りで目釘穴も一つです。
 年紀はありませんが、銘振り、鑢目、茎尻などからして、『和泉守』を受領した永正七年前後の作と鑑せられます。
 地沸が微塵に厚く付いた精良な板目肌は、総体的に流れ心でうねるように上品に肌立ち、地色明るく、細かな地景を配し、白け映りが広範囲に渡って判然と現れています。匂い勝ちの細直刃調の焼き刃は、刃中繊細な小足、葉繁く入り、刃区から立つ水影が映りと渾然一体となって見事な景色を見せています。
 探山先生鞘書きにも、『同工が得意とする古作来国俊に倣った直刃の典型作優品 賞翫然るべき哉。』とあるように、地刃の明るさ、冴えは超一級、一般的に美濃物の直刃を来写しと称しますが、本作はその最たるもの、同工中の白眉と言える来写しです。流石は之定、醸し出す雰囲気が違います。
 付属の外装も渋い黒の合口拵えで、割り笄は鉄地ですが、先部分のみ銀地で継ぎ足して赤銅の透かしケースに収まっています。因みに先が銀なのは、いわゆる毒味箸としても使用するためであり、日本では飛鳥時代に遣隋使の小野妹子が中国より伝えた毒味法です。
 何はともあれ、この度特別保存鑑定が付いたばかりの激生ぶ品、今後も色々と楽しみの多そうな之定です。















【売約済】商品番号:V-1803 短刀 兼定(和泉守・之定) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2019年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ