刀 無銘(伝当麻)
(でんたいま)


Katana:Den Taima



古刀・大和 鎌倉最末期~南北朝初期 拵え付き
第二十回重要刀剣指定品




刃長:70.8(二尺三寸四分弱) 反り:1.3 元幅:3.05
先幅:2.06 元重ね:0.77 先重ね:0.53 穴3




鎬造り、鎬すこぶる高く庵棟低め、中切っ先やや延び心となる。 鍛え、板目に大板目、波状の流れ肌を交え、地沸厚く付き、地景を交え、細やかに肌立ち、地鉄良好。 刃文、細直刃調で、刃縁沸匂い深く明るく冴え、所々二重刃風に掃き掛け、刃中金筋、砂流しが頻りに掛かる。 帽子、直調で沸付き、先掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。
半太刀拵え(江戸後期 全長98 柄長22.5 鞘 石目に螺鈿散、剣片喰紋鞘 金具類、全て同図同作 赤銅石目地高彫金象嵌、龍図 柄 茶革柄巻き目貫、四分一地容彫色絵、三鈷剣図 鍔 赤銅魚子地据紋象嵌色絵 金魚子耳、両櫃金魚子地埋め、雲龍図 切羽は素銅に金着せ、銀着せの大小)付き。



【コメント】
 無銘(伝当麻)の重要刀剣、古作大和物然とした出来、造り込みに、相州伝気質の強い沸の煌めきを加味した、同派無銘極めの白眉と言える名品です。
 当麻鍛冶は、二上山(にじょうざん)の麓、大和国北葛城郡当麻(現奈良県葛城市当麻)にある、当麻寺に従属していた鍛冶集団で、鎌倉後期の正応(一二八八~九二年)頃の年代と伝える国行を祖とし、以降南北朝期に掛けて活躍、門下には友行、友清、友長、友綱、国清、長有俊、有法師などいますが、在銘現存作は極僅かです。
 同派の作風は、数少ない在銘品に限って言えば、良く錬られた板目に流れ肌交じる地鉄、刃文は沸匂い深い直刃調で互の目心を交え、刃縁に喰い違い刃、ほつれが掛かるなど、山城物的な雰囲気のある穏やかな出来ですが、古来より本阿弥家などによる無銘極めの作には、地景を交えた板目がうねるような地鉄、刃中に煌めく金筋など、地刃の沸の働きがすこぶる烈しく、一見相州行光辺りと見紛うような、相州伝気質の強い作が多く見られるのが大きな特徴です。
 本作は昭和四十六年、第二十回の重要刀剣指定品、寸法二尺三寸四分弱、鎬すこぶる高く、鎬幅広く、反りやや浅めの造り込みは、鎌倉最末期~南北朝初期に掛けての作と鑑せられます。
 板目に大板目、波状の流れ肌をうねるように交えた地鉄は、地沸厚く付き、地景繁く入り、細直刃調で、刃縁沸匂い深く潤むように明るく冴え、所々二重刃風に掃き掛け、刃中金筋、砂流しが頻りに掛かるなど、無銘当麻極めの典型とも言える優品です。
 昭和二十六年三月の古い登録証は、宮崎県『一三三』号、付属の外装は、江戸期の螺鈿散剣片喰紋鞘半太刀拵えで、金具類も赤銅地雲龍図等で上手に誂えており、大変雰囲気の良い作です。
 地刃共に見応えのある上質な大和物、且つ良い外装の付属した物をお探しならば、これで決まりです。
















商品番号:V-1878 刀 無銘(伝当麻) 第二十回重要刀剣指定品 拵え付き

価格: ¥3,600,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年3月号
(2
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ