刀 以南蛮鉄於武州江戸越前康継(初代)
(なんばんてつをもって
ぶしゅうえどにおいてえちぜんやすつぐ)


Katana:Nanbantetsu Busyu Edo Echizen Yasutsugu



新刀・武蔵 江戸初期
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:67.0(二尺二寸一分) 反り:1.2 元幅:3.10
先幅:2.41 元重ね:0.76 先重ね:0.55 穴1




鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先延びる。 表裏腰元に薙刀樋と添え樋があり、ハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目肌良く詰み、地沸微塵に厚く付いて上品に肌立ち、細かな地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れ調で、小互の目、小乱れを交え、刃縁沸匂い深くやや沈み勝ちとなり、刃中直足、葉繁く入る。 帽子、直調で先尖り心に掃き掛け深く返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
初代越前康継『江戸打ち』の優品、勇壮な慶長新刀姿、将軍家御用鍛冶職を務めた名門の棟梁として、その技量を存分に示した会心作です。
康継一門は、徳川将軍家の抱え鍛冶であり、当時の刀鍛冶としては、最高の地位にあった名門です。三代目継承の際に、江戸と越前に別れ、両家とも幕末まで抱え鍛冶として御用を勤め上げました。
初代康継は、下坂市左衛門と言い、美濃赤坂千手院の末裔である下坂廣長の子として、近江国坂田郡下坂村で生まれました。父に鍛刀を学び、後に全国を巡る修行に出ました。始め『越前国下坂』と銘じ、文禄年間に『肥後大掾』を受領、『肥後大掾下坂』と銘しています。その後、慶長初年頃に、越前一乗谷北ノ庄に移住、慶長五年、『関ヶ原の戦い』の後に、徳川家康の次男、松平(結城)秀康が、越前北ノ庄藩(福井藩)初代藩主として越前に入ると、秀康に抱えられ、越前松平家の抱え鍛冶となりました。慶長十年頃、徳川家重臣、本多飛騨守成重の推挙により、家康、秀忠両将軍に召し出され、江戸に於いて鍛刀、その技術を認められた康継は、家康より『康』の字を賜り、『康継』と改め、茎に『葵紋』を切ることを許されました。以後将軍家御用鍛冶職として、原則、隔年で越前と江戸で鍛刀し、『江戸打ち』は『於武州江戸越前康継』、『越前打ち』は『越前国住康継』などと銘じ、現存品では、江戸打ちが圧倒的に多く見られます。元和七年没。
作風は、浅い湾れを交えた直刃調に、丁子風の刃、互の目、尖り風の刃を交えたものを基本とし、中には沸出来の大乱れ、大互の目乱れ、直湾れ、直刃ほつれ、皆焼きもあります。
新刀ながら、昨年(令和二年)までで重要文化財二振り、重要美術品十五振り、特別重要十三振りの指定品があり、写し物も得意で、相州正宗、貞宗、三条宗近、粟田口吉光などの写しが残されており、『獅子貞宗』、『梅竹貞宗』、『切刃貞宗』などの『貞宗写し』は特に有名です。
本作はその銘振りから『江戸打ち』の会心作、寸法二尺二寸一分、切っ先がグッと延びて反りやや浅め、元先身幅の差が少ない勇壮な慶長新刀姿を示しており、腰元に薙刀樋と添え樋、茎も生ぶで穴一つです。
板目肌良く詰み、地沸微塵に厚く付いて上品に肌立つ地鉄は、細かな地景繁く入り、湾れ乱れ調で、小互の目、小乱れを交えた焼き刃は、刃縁の沸匂い深くやや沈み勝ちとなり、刃中直足、葉が繁く入っています。
更に良い研ぎが掛かっていますので、地刃が明るく冴えており、地刃の美点が存分に示されています。
初代越前康継『江戸打ち』、将軍家御用鍛冶職の名に恥じぬ面目躍如たる一振り、 中々お目に掛からないレベルの康継、これは強くお薦め致します。





 

 

 

 






【売約済】 商品番号:V-1909 刀 以南蛮鉄於武州江戸越前康継(初代) 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年9月号
(8
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ