刀 雲生(無銘)
(うんしょう)


Katana:Unsho(Mumei)



古刀・備前 鎌倉末期
第五十回重要刀剣指定品




刃長:70.2(二尺三寸二分弱) 反り:1.7 元幅:2.65
先幅:1.54 元重ね:0.75 先重ね:0.41 穴3




鎬造り、鎬高く庵棟低い、やや小切っ先。 鍛え、小板目肌良く詰み、地沸微塵に厚く付き、地斑状の映り立ち、細かな地景を配し、地鉄精良。 刃文、中直刃調で小互の目、小丁子、角張った刃を交え、所々逆心があり、上半はやや焼き幅広くなり、刃縁小沸付いて匂い深く、刃中葉、小足繁く入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で焼き深く、先表は小丸、裏は尖り心に返る。 茎大磨り上げ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銀に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
雲生(無銘)の重要刀剣、美しくしなやかな姿、地刃健やかで明るく冴え渡る典型作優品です。
雲生、雲次、雲重らの刀工は、鎌倉末期から南北朝期に掛けて、備前国宇甘(うかい)庄、現在の岡山市北区御津(みつ)付近で鍛刀したことから宇甘派、若しくは『雲』の字を通字としたことから『雲類』とも呼ばれ、備前国に住しながら、長船鍛冶とはその作風を異にする刀工集団です。
作風は、小板目良く詰み、直刃調で匂い口の締まる来風の出来、板目が肌立ち、直刃に逆掛かる刃を交えて沸の良く付く青江風の出来の二様に大別され、地には地斑映りと呼ばれる、指で押したような斑点状の映りが出る作を多く見ますが、刃沸の強い作ではあまり目立ちません。また刃に金筋、砂流し、二重刃、帽子が強く掃き掛けるなど、大和風が強く出る作もあります。在銘品であれば、鑢目が大筋違いとなるのは青江風であり、逆鏨を多様する銘字なども大きなポイントです。反りは腰反りではなく、輪反りとなる点は来風で、刀姿は雲生、雲次、雲重と時代が下がるに連れて、次第に強く豪壮になります。
本作は無銘ながら『雲生』と極められた優品、平成十六年四月(二〇〇四)の東京都登録で、同年十月に重要刀剣に指定されています。
雲生は一派の棟梁で、雲次の父とも兄とも伝えており、重要文化財六口、重要美術品九口を数える名工で、雲次と共に京へ上り、後醍醐天皇の御番鍛冶を務めたと云います。
年紀作は皆無ですが、雲次に正和(一三一二~一七年)、文保(一三一七~一九年)、建武(一三三四~三六年)の年紀作がありますので、その活躍期はほぼ明確となっています。
寸法二尺三寸二分弱、小切っ先で鎬高く輪反り風の上品な姿を示しています。
小板目肌良く詰んだ精良な地鉄は、地沸微塵に厚く付き、断続的な地斑状の映り立ち、細かな地景を配しており、中直刃調で小互の目、小丁子、角張った刃を交えた刃文は、所々逆心があり、上半はやや焼き幅広くなり、刃縁明るく締まり、刃中葉、小足繁く入り、金筋、砂流し掛かる出来です。
図譜にも『この刀は、地刃に雲類の特色が顕著であり、姿、作風より雲生の極めが至当である。小板目の良く詰んだ精美な鍛えが特筆され、また刃縁も明るく、刃中も細やかに働くなど、典雅な作域を示した同工極めの優品である。』とあるように、これ位品があって良く出来た雲生は中々ありません。
また本刀は、日刀保の常務理事も務める香川の有名な愛刀家の所持刀であったことも分かっています。
鎌倉末期に於ける雲類典型の地刃を存分に堪能出来る一振り、備前国宇甘雲生の自信作です。














【売約済】商品番号:V-1949 刀 雲生(無銘) 第五十回重要刀剣指定品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年10月号
(9
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ