刀 和泉守藤原国貞
(いずみのかみふじわらくにさだ)


Katana:Izuminokami Fujiwara Kunisada



新刀・摂津 江戸初期 大業物
第三十三回重要刀剣指定品
探山先生鞘書き有り




刃長:72.9(二尺四寸一分弱) 反り:1.4 元幅:3.23
先幅:2.07 元重ね:0.71 先重ね:0.47 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、小板目に板目、杢目を交えて良く詰み、地沸微塵に厚く付き、地景をふんだんに交え、地鉄精良。 刃文、互の目乱れを主体とし、頭の丸い互の目、丁子風の刃、小互の目を交え、刃縁良く沸付いて匂い深く明るく冴え、刃中互の目足、繊細な金筋、砂流しが掛かり、一部棟焼き入る。 帽子、直調で焼き深く、先僅かに掃き掛け小丸に返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 最上研磨済み。 白鞘入り。  



【コメント】
親国こと初代和泉守国貞の重要刀剣、華やかな典型乱れ刃、同工壮年最良期の傑作です。
和泉守国貞は、天正十八年、日向国に生まれ、後に上洛して同郷の堀川国廣門下に入りましたが、直接的には、同門兄弟子に当たる、越後守国儔に学んだと考えられています。慶長十九年、国廣が没すると、同門の初代河内守国助と共に大坂へ移住し、元和九年、『和泉守』を受領、晩年には入道して、道和と称したとも伝えています。『大坂新刀の祖』であり、井上真改の父であることから『親国貞』とも呼ばれます。慶安五年、六十三歳で没。銘振りは、受領前は、『摂州住藤原国貞』、受領後は、『和泉守藤原国貞』銘が多く、年紀作は僅少ですが、その銘振りによって大体の年代が分かります。年紀の上限は、『元和七年八月』、下限は、『寛永二十一年二月』となります。体調を崩して隠居した正保以降、慶安五年に没するまでの約八年間は、門人の下総守国義、山上播磨守国隆、子真改などの代作代銘になります。
本作は昭和六十二年(一九八七)、第三十三回の重要刀剣指定品、寸法二尺四寸一分弱、均整の取れた美しい刀姿で、地刃すこぶる健全です。
元先身幅の差がやや付いた姿は、寛文新刀と同様ですが、先反り深めに付いた点が異なります。これは寛永期(一六二四~四四)にまま見られるスタイルで、寛永新刀とも呼ばれます。同時期、江戸の和泉守兼重等にも同様のスタイルが見られます。
年紀はありませんが、鞘書きにもあるように寛永二十年頃、同工五十代前半の円熟期に当たります。 小板目に板目、杢目を交えて良く練られた地鉄は、地景をふんだんに交え、ややザングリとした美しい鍛えで、直調の穏やかな大坂焼き出しから始まる焼き刃は、互の目乱れを主体とし、頭の丸い互の目、丁子風の刃、小互の目を交え、刃縁明るく冴え、刃中互の目足入り、繊細な金筋、砂流し掛かる出来で、所々鎬に掛かる程華やかです。物打ち付近には飛び焼き、棟焼きが入るなど、随所に同行の手癖が良く示されています。
大坂新刀の祖、和泉守国貞がその本領を遺憾なく発揮した円熟期集大成の一振り、新刀重要ですから欠点が見当たりません。素晴らしい親国です。


















【売約済】商品番号:V-1983 刀 和泉守藤原国貞 第三十三回重要刀剣指定品 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2023年2月号
(1
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ