薙刀直し刀 無銘(伝金重)
(でんきんじゅう)


Katana:Mumei(Den Kinju)



古刀・美濃 南北朝中期 拵え付き
第四十一回重要刀剣指定品
『正宗十哲』




刃長:74.3(二尺四寸五分強) 反り:1.6 元幅:3.17 元重ね:0.80 穴1



薙刀直し造り、庵棟低い。 表裏共に薙刀樋と添え樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、板目に杢目を交え、所々無地風に詰んだ箇所、流れて強く肌立つ箇所が見られ、地色やや黒み勝ち、地沸厚く付いて、地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、互の目に小互の目、湾れを交えてやや腰開き気味に焼き、刃縁良く沸付いてやや沈み勝ちに締まり、刃中金筋、砂流し僅かに掛かる。 帽子、湾れ込んで先焼き詰める。 茎磨り上げ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金着せ変わりハバキ(日月透かし入り)。 時代最上研磨。 白鞘入り。
上打ち刀拵え(近代作 全長102 柄長24.5 鞘 黒石目地 こじり、四分一地高彫色絵、獅子図 栗型、赤銅魚子地高彫金色絵、龍図 しとどめ有 柄 親鮫に鉄紺柄巻 縁頭、赤銅魚子地色絵、龍図 目貫、素銅地金色絵、雨龍図 鍔 鉄地海鼠透、耳際に四分一地雨龍据え)付き。



【コメント】
美濃金重の重要刀剣、『正宗十哲』に名を連ね、志津兼氏と同様、美濃鍛冶の源流を成した名工の豪快な薙刀直し刀です。
金重は、古来より『正宗十哲』に数えられる名工で、越前敦賀清泉寺の僧であったと云い、刀剣書『古今銘尽(ここんめいづくし)』によると、『法名を道阿、本国越前敦賀の住人、優れたる上手也。関に越して住。』とあるように、本国越前敦賀から美濃国関に移住し、志津兼氏と同様に美濃鍛冶の源流となった刀工です。
現存する在銘作に太刀はなく、短刀が僅かに数振りあるのみ、年紀作には、貞治二年(一三六三)の短刀と、小脇差しが残されていることから、その活躍期は南北朝中期、短刀の造り込みには、身幅広く、重ね薄く、寸が延びて、三ッ棟のものが多く見られます。
作風は、志津一派に比べ、地鉄がやや肌立ち、刃文は尖り互の目よりも焼き頭の丸いおっとりとした互の目の連れる出来が主体で、総体的に志津一派よりも穏やかな感のものが多く見られます。
本作は、『伝金重』と極められた重量感のある豪壮な薙刀直し刀、平成七年(一九九五)、第四十一回の重要刀剣指定品です。
寸法二尺四寸五分強、板目に杢目を交えた地鉄は、所々無地風に詰んだ箇所、流れて強く肌立つ箇所が見られ、地色やや黒み勝ち、互の目に小互の目、湾れを交えてやや腰開き気味の刃文は、刃縁良く沸付いてやや沈み勝ちに締まり、刃中金筋、砂流しが僅かに掛かっています。
地鉄の色合いと特有の肌立ちは、同工の出自である越前地鉄を思わせるもので、焼き頭に丸みを帯びた互の目が、比較的に良く揃った焼き刃など、随所に同工らしい手癖が良く示されて 南北朝盛期の豪壮な薙刀直しスタイルの典型で、刃も至って健やか、呑み込みが深く、上部を斜めにカットされた金着せ変わりハバキには、日月透かしが入っています。
外装も時間と費用を掛けてピシッと製作された上質な作です。
美濃伝の原点ここにあり、『正宗十哲』の名に恥じない金重の代表作、ズシリと重厚感のある素晴らしい逸品です。




















商品番号:V-2070 薙刀直し刀 無銘(伝金重) 第四十一回重要刀剣指定品 『正宗十哲』 拵え付き

価格: ¥3,700,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ