店長日記

いつの時代の刀が一番いいのか?




皆さま、こんにちは、こんばんは、コレクション情報の小牧です。




今年の梅雨は、大変なことになっております。




年々、集中豪雨により各地被害が出ており、九州や全国各地で被災された方、心より早くの復興を祈っております。




岐阜でも、下呂の方で土砂災害が起こり、ご心配の声を多く頂きました。

ありがとうございました。弊社の方は、何事も無く無事過ごしております。





今年は、「弱り目に祟り目」という言葉があてはまるような苦難の上半期でした。





720日付けでは、コロナ感染者が日に日に増え、先日には過去最高感染人数となり、第二波が来ているのではないかと不安になっている方も多いのではないでしょうか?





ここで、再度自粛をし、経済を止める事も決して良い事ではないため、政府も決断を中々出せないのでしょう。





再度、自分たちに出来ることを思い出し、感染しない、感染させないを意識することを徹底するしかないので、手洗い、うがい、消毒と気を引き締めましょう。





下半期は、少しでも良いニュースが多く流れてくれることを祈るばかりです。





さて今回は、刀剣の選び方について少しお話しようかと思います。





【いつの時代の刀が一番いいのか?】





購入を考える際に、よく聞かれるのは、「いつの時代の刀を買ったらよいですか?」です。





古ければ古いほど良しとされる世界ですので、平安時代や、鎌倉時代が良いと思ってらっしゃる方が多いのだと思います。





確か「山鳥毛」「鬼丸国綱」「童子切安綱」など名刀はとても多いです。






ですが、 結論から言いますと「いつの時代でも良い物は良い」これは自信を持って言わせて頂きます。





刀剣商だから、当たり障りのない答え方をしていると思う方もいらっしゃると思いますのでそれについて説明します。





まず、ご自身の好みを第一優先に持ってきた方が長く愛着が出ると思います。





どういう事かと言いますと、傷が少なく、がっしりした刀が好きな方に、どれだけ古刀の良さを話しても中々響きません。やはり、幕末期~現代刀を薦めた方がしっくりくると思います。





逆に、戦国時代の好きな方には、当時の片手打ちの戦術などを話した方が喜ばれます。






幕末期の新々刀と、室町期の片手打ちの刀では、体配が全然違うのですが、それぞれの良さがあり、また人それぞれの好みがあります。





そして、その好みは、刀の勉強された期間や、その時々の考えにより、興味を持つ分野も変わりますので、前は新々刀が好きだったが、今は古刀が好きで良いと思います。





メディアの影響等ですと「大河ドラマ」などの影響もあると思います。






もちろん、その逆も言え、古刀から「清水の次郎長」時代の脇差文化に興味を持つこともあるでしょうし、時代に限らず、長さ(刀、脇差、短刀)や、小道具など全てにおいて言えるかなと思います。





平安期から現代まで、同じ刀として統一する見方をするのではなく、古刀は古刀、新刀は新刀と違う刀として見てみることで、それぞれの良い所が見え、その時代その時代の刀工の考えや、必要とされた文化をくみ取る事が出来ると思います。




なぜ、この時代この刀工は、このような造り方をしたのかなど考え、歴史とリンクするロマンに僕は震えます。日本刀は、想像を膨らませばタイムスリップが出来るツールであるのかなと思っています。










話を戻しますと、



いつの時代の刀でも、自分の好みを優先する(好きな時代、歴史上人物でも良い)


好み(興味)は、変化する事が普通。その時その時の興味ある物を重要視。


タイムスリップし歴史ロマンを感じましょう。



細かく言うと、項目はまだまだたくさんありますが、大まかに焦点を定めてもらえれば、ご自身の好みが段々と定まってくると思います。





今回は、刀の選び方「いつの時代が良い」の質問に対する僕なりに答えさせて頂きました。

コメントする

名前

URL

コメント

月刊コレクション情報
2020年8月号
(7
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ