店長日記

奈良刀剣大展示即売会

皆さま、こんにちは、こんばんは、コレクション情報の小牧です。

1113日、14日と奈良での展示即売会を行いました。

ご来場いただいた方、ありがとうございました。

コロナの第3波が、タイミング悪く来ていたようで来場に躊躇された方もおられたようですが、無事終える事が出来ました。

弊社も入場時に検温、名前のチェック、消毒を徹底しておりますのでご安心ください。

その際、前回に申しましたように、刀剣講習会をさせて頂きました。

何分第1回という事で、聞き苦しい点もあったかと思います。が、講習会に参加しにわざわざ足を運んでくださった方々が、多くおられたので励みになりました。今後も続けていきたいと思います。


次回の前橋展示会でも予定しておりますので、お近くの方は是非お越しください。

やはり、受講された方と話した際、どのように勉強していったら良いか、どこで誰に習ったら良いかという質問を受け、改めて我々が思っている以上に刀剣の敷居の高さを感じました。


僕のコンセプトは、

「刀剣に興味を持ってもらう、楽しさを分かってもらう」

に現段階では重きを置いております。

かくゆう僕自身も、どこから勉強して良いのか、始めは分かりませんでした。


中には、難しい本などを読み漁り、途中で挫折してしまった方もいらっしゃると思います。


ですので、よくある初心者の本の更に一つ下の部分を話していけたら良いかなと思っています。


中~上級者編も、ゆくゆくはやっていきたいですが、とりあえず展示会等で個人的にご質問下されば可能な限りお答えさせて頂きます。

こないだお客様と話している際に、その方が「自分は実用で使える刀しか興味がなく、切れる刀、扱い易い刀で良い刀を判断している、こんなことを言うと美術的価値を重んじている日本刀愛好者に怒られてしまいそうだが」と話してくれました。


その方は、居合道をしておりますので、武用として見るのは当然であり、全く間違った事を言っておりません。


この時に、気づかされたのが、美術的、刀剣の鑑賞という点で見ると、体配、刃文、地鉄等、刀の出来や特徴を見ますので、僕もそこを一生懸命お客様に説明していました。


ですが、違う見方をされる方もいるのだなという点です。過去にもそういったことが、もしかするとあったと思います。ここは、僕の完全な押し付けがあったかもしれないと猛省致しました。


ここで言いたいことは、刀剣の楽しみ方は人それぞれで教科書に書いてある事がすべてではないという事です。基本、教科書は鑑賞方法しか書いていません。


#刀剣の勉強という意味では基本ですから、大事なことですが。


持って重さを楽しむ、写真を撮る、自宅、会社でディスプレイとして飾る、多種多様な楽しみ方で、刀剣と向き合って頂けたらなと思います。


楽しみ方に正しい、間違いはないという事強く言わせて頂きます。


もちろん、鑑賞や、刃文、地鉄を見てどこの刀かを鑑定するのも楽しみの一つです。


これは当たるとうれしいですが、実際中々当たらないんですよね(笑)

写真保存「あなたの御刀、実寸で印刷します」は始まっておりますし、刀剣ディスプレイは、現在爆速で進めておりますので、乞うご期待下さい。

コメントする

名前

URL

コメント

月刊コレクション情報
2020年12月号
(11
/20発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ