刀 銘:兼元
(かねもと)


Katana:Kanemoto



新刀・美濃 江戸初期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:75.4(二尺四寸九分弱) 反り:1.1 元幅:3.11
先幅:2.27 元重ね:0.66 先重ね:0.51 穴1




 鎬造り、鎬低く庵棟高目、中切っ先。 鍛え、杢目交じり板目肌やや肌立ちごころに詰み地沸え付き地鉄良好。 刃文、尖り刃交じり小互の目乱れて小沸え付き砂流し掛かり匂い付く。 帽子、掃き掛け先火炎風に返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢檜垣。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(棟・刃先に小錆)。 白鞘入り。



【コメント】
 兼元と言えば、美濃赤坂系の二代目に当たる『孫六兼元』が最も有名で、孫六以降も兼元の名跡は、美濃赤坂一派、関七流奈良派の両系統に受け継がれました。新刀期には、赤坂系の田代源一兼元、奈良派の与助兼元、勘三郎兼元が有名で、奈良派とは別に、得印派の金子家にも受け継がれ、以降『金子孫六』と称し、現代まで二十七代を数える一大名跡となりました。その銘振りに付いて、孫六もそうであるように、特に赤坂系兼元は、二字銘が大変多く、年紀入りが少ないため、孫六以外は代別が困難です。 
 本作は江戸前期作、二尺四寸九分弱、切っ先力強い堂々たる姿で、刀身もズシッと重みがあります。田代兼元とは銘振りが異なりますが、同じ赤坂系の孫六兼元後代作と鑑せられます。黒み勝ちな美濃地鉄に、地景を織り交ぜた板目肌が上品に肌立つ鍛え、新刀期兼元特有である、画一的な三本杉ではなく、焼きに高低を持たせた尖り風の小互の目乱れを丹念に焼いています。研ぎを一度ピシッと仕上げて頂ければ、より味わい深い地刃の働きがご堪能頂けます。
















【売約済】 商品番号:L-154 刀 銘:兼元 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ