脇差し 肥後守法城寺橘吉次
(ひごのかみほうじょうじたちばなのよしつぐ)


Wakizashi:HigonokamiHojojiTachibananoYoshitsugu



新刀・武蔵(薩摩) 江戸前期
特別保存鑑定書付き




刃長:54.4(一尺七寸九分強)反り:1.5 元幅:3.60
先幅:2.71 元重ね:0.77 先重ね:0.56 穴:1




 鎬造り、鎬庵棟尋常。 鍛え、地沸が微塵に厚く付いた小板目は、所々大模様の肌合い、細かな地景を交えて良く詰み、地鉄良好。 刃文、焼き幅の広い湾れ乱れ調の刃取りで、刃中互の目の沸足が繁く入り、刃縁の沸匂いの層が一際厚く、匂い口明るく冴える。 帽子、直調でほつれて先烈しく掃きかけ返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢目筋違い。 銅に銀着せ金鍍金ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 江戸法城寺一派は、正弘を棟梁として、後に江戸へ出て一派を形成、新刀期に於いて最も繁栄した流派の一つです。正弘は本国但馬で、『貞宗三哲』に数えられる、法城寺国光の末裔と伝わる刀工です。門下には貞国、国正、吉次、正則、正照、国光などがおり、作風は、直刃調に互の目が連れて交じり、足が繁く入って、匂い深く、小沸が良く付くものを基本とし、中には互の目が大きく連れて、いわゆる数珠刃風となり、一見長曽祢虎徹を思わせるような作もあります。姿は寛文新刀スタイルが大半で、豪壮な作は稀です。また同派は、その鋭い斬れ味を以て、良く知られています。 
 本工の吉次は、根元吉兵衛と言い、本国は常陸、後に江戸へ出て、法城寺国正に学び、寛文頃には『肥後守』を受領、その技量、切れ味の良さが認められた結果、元禄五年、薩摩島津家のご用命により、子の金兵衛吉国と共に鹿児島へ移り鍛刀しました。江戸法城寺派の作風は、その後の薩摩鍛冶にも大きな影響を与えました。島津家の尊崇篤い霧島神宮、鹿児島神宮には、父子合作の奉納刀が収められています。吉次は晩年には江戸へ帰っています。銘は『肥後守橘吉次』が大半で、『法城寺』を添えた銘は余り見受けられません。
 本作は寸法一尺八寸弱、元幅3.60㎝、先幅2.71㎝もある、正に豪壮無比な一振り、ガシンとした刀身はズシンと重く、見るからに地刃健全で、切っ先強く張って、反りの付いた豪壮なスタイルは、元禄以降の作、おそらくは前述した薩摩打ちかと思われます。『肥後守法城寺橘吉次』と切った銘も貴重です。
 地沸が微塵に厚く付いた小板目は、所々大模様の肌合い、細かな地景を交えて良く詰んでおり、焼き幅の広い湾れ乱れ調の刃取りで、刃中互の目の沸足が繁く入り、刃縁の沸匂いの層が一際厚く、地刃の冴え、輝きは、同工並びに同派鍛冶の最上と言えます。当時江戸ではかなり流行していた虎徹の数珠刃、それを強く意識したふっくらとした刃文、鬼の包丁を思わせる迫力、金着せ二重ハバキ、特別保存鑑定書がピシッと付いて、肥後守法城寺橘吉次の代表作と成り得る逸品、同工壮年期に於ける薩摩打ちの会心作です。  










【売約済】商品番号:L-428 脇差し 肥後守法城寺橘吉次 特別保存鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ