脇差し 両山子正峯作之
(りょうざんしまさみねこれをつくる)
庚申年八月日(昭和五十五年)


Tanto:RyozanshiMasamine



現代・石川
人間国宝 保存刀剣鑑定書付き




刃長:32.2(七寸五分強) 反り:0.3 元幅:3.07 元重ね:0.48 穴1



 平造り、庵棟低め。 表裏刀樋をハバキ上で丸留め。 鍛え、やや黒みを帯びた地鉄は、沈み勝ちに小板目肌が詰んで、地沸良く付き、細やかな地景がうねるように入り、地鉄良好。 刃文、匂い勝ちにふっくらと焼いた逆丁字刃は、刃中匂い足が柔らかに入り、匂い口も潤むように明るく締まり気味で良く冴える。 帽子、乱れ込んで突き上げ風となり、先丸く長く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧勝手下がり。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 正峯は隅谷與一郎と言い、大正十年、石川県石川郡松任町(現白山市)の生まれで、昭和十六年、桜井卍正次の子、桜井正幸門下に入り、翌年には広島県にある興国日本刀鍛錬場に入りました。戦後は郷里へ戻り、昭和三十一年、自宅に鍛錬所『傘笠亭(さんりゅうてい)』を構えました。以降、『傘笠亭』、『傘笠』、『両山子』などと号しています。昭和三十二年から新作刀展で八年連続入賞、昭和四十年、四十一年と連続で最高賞の『正宗賞』を受賞し、同年に無鑑査並びに石川県重要無形文化財に認定、昭和四十九年には三度目の『正宗賞』を受賞、当時としては刀剣界初の快挙でもありました。昭和五十六年には人間国宝認定、平成十年、七十七歳で没。作風は一貫して備前伝、その丁字刃は、独自の美しさ、輝きを放つことから『隅谷丁字』と称され、同工の代名詞ともなっています。
本作は昭和五十五年、同工五十九歳の頃の作、本作は南北朝中期、備中国青江次直を写したと鑑せられる、逆丁字乱れの意欲作です。本歌は、現在特別重要刀剣に指定されており、五代将軍徳川綱吉に仕えた、大老柳沢吉保の子長暢が、綱吉より拝領した名品です。やや黒みを帯びた地鉄は、沈み勝ちに小板目肌が詰んで、地沸良く付き、細やかな地景がうねるように入り、匂い勝ちにふっくらと焼いた逆丁字刃は、刃中匂い足が柔らかに入り、匂い口も潤むように明るく締まり気味となっており、良く冴えています。出来、寸法、重ね薄く、先反りの付いた造り込み、区上で丸留めとした刀樋、茎仕立て、帽子も先が突き上げて深く返るなど、本歌を忠実に再現しています。正宗賞を三度受賞した昭和四十年代、『隅谷丁字』の完成を見た五十年代は、同工にとっての最良期であり、本作からも、その心技体の充実振りを窺うことが出来ます。
逆丁字乱れは、南北朝期に於いて、備中青江鍛冶の独壇場であり、象徴的とも言える個性的な作風、丁字刃を追求し続けた男が、備前物に限らず、青江物にも果敢に挑んだ渾身の一振り、金着せの二重ハバキ、保存鑑定書もピシッと付いて、文句なしの優品です。










商品番号:L-503 脇差し 両山子正峯作之 人間国宝

価格: ¥1,050,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ