脇差し 小沢正寿作
(おざわまさとしつくる)

昭和六十一年八月日
応大河内豊氏需


Wakizashi:OzawaMasatoshi



現代・埼玉



刃長:37.0(一尺二寸三分強) 反り:0.5 元幅:3.50 元重ね:0.74 穴1



 平造り、三ッ棟低い。 鍛え、地沸を厚く付けた板目肌は、総体的に肌立って、流れ肌を交え地鉄良好。 刃文、互の目乱れに湾れを交えた刃文は、刃沸がすこぶる強く、刃縁所々沸崩れとなり、刃中元から先まで、幾重にも重なった烈しい砂流しが掛かって、明るく冴える。 帽子、直調で烈しくほつれて先強く掃き掛け長く返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 小沢正寿は小岩岩造と言い、大正九年生まれ、埼玉県飯能市吾野(はんのうしあがの)付近、正丸(しょうまる)峠の麓に住しました。笠間一貫斎繁継門人である、宮口一貫斎寿廣、塚本一貫斎起正に学び、刀匠銘の正寿は、両師より一字ずつ譲り受けています。新作刀展では高松宮賞を始め、各賞合わせて十九の賞を獲得、山城伝、備前伝、相州伝、相伝備前を得意としました。平成五年、七十三歳で没。
 本作は同工六十六歳の頃の作、相州伝乱れ刃の会心作、寸法一尺二寸三分強、三つ棟の造り込み、身幅3.50㎝、重ねもガシッとした豪壮な平脇差しで、地沸を厚く付けた板目肌は、総体的に肌立って、流れ肌を交え、互の目乱れに湾れを交えた刃文は、刃沸がすこぶる強く、刃縁所々沸崩れとなり、刃中元から先まで、幾重にも重なった烈しい砂流しが掛かって、明るく冴えています。見るからに慶長新刀スタイルの豪壮な一振りで、中でも越前康継の貞宗写しなどに触発されて鍛えたと思われる意欲作、地刃に細かな鍛えが出ますが、刀身の魅力、迫力が上回っています。
 昭和の埼玉鍛冶を代表する小沢正寿の注文打ち、同工円熟期の相州伝を存分に味わって頂けます。












商品番号:L-532 脇差し 小沢正寿作

価格: ¥298,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ